ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ザ・ビートルズ、1962年に初めてサインしたマネージメント契約書が約3,760万円で落札

ザ・ビートルズ、1962年に初めてサインしたマネージメント契約書が約3,760万円で落札

 ザ・ビートルズが、1962年1月24日に初めて交わしたマネージメント契約書が、Ernest Hecht Charitable Foundationのために行われたサザビーズの慈善オークションで347,875ドル(約3,760万円)で落札されたとBBCが報じている。

 マネージャーの故ブライアン・エプスタインとの契約書には、故ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、故ジョージ・ハリスン、そして結成時のドラマーだったピート・ベストのサインが入っている。エプスタインは基本的にバンド収入の10%を受け取り、収入が週に150ドルを超えたら15%を受け取るとする内容だ。この取り分は、ポールが交渉して20%から15%へ減額させた。

 サザビーズの書籍/文書専門家ガブリエル・ヒートンはオークションの前に、「この契約書はザ・ビートルズだけでなく、1960年代と当時のポップ・カルチャーにとって変革を起こす書類だった。これほど重大な歴史の一部を提供できて恵まれていると感じる」とオークションの前に声明でコメントしている。

 エプスタインは、1961年11月9日に英リバプールのキャヴァーン・クラブで、当時まだ無名だったザ・ビートルズのライブを初めて見た。レコード店経営や音楽ライターなどをしていた彼は、アーティストのマネージメント経験がなかったにも関わらず、すぐにマネージャーとしてバンドと一緒に仕事をするようになった。契約書にサインをしたのはバンド・メンバーだけで、これによりエプスタインはザ・ビートルズに拘束されることになったものの、メンバーは彼と仕事を継続する義務が生じなかったとサザビーズは解説している。

 エプスタインは1967年8月に32歳の若さで薬物の過剰摂取で死去したが、1964年に出版した自伝『A Cellarful of Noise』でザ・ビートルズとの契約について、「自分が契約書の全ての条項を守ることはわかっていたけれど、ザ・ビートルズを適切に支援できるか100%の自信がなかった。言い換えれば、ザ・ビートルズにとってより良い条件が揃えば、義務から解放してやりたかった」と綴っている。

 英リバプール・ホワイトチャペルにあったエプスタインのレコード店“NEMS”で契約書にサインした時、ポールとジョージとピートはまだ21歳になっていなかったため、それぞれの父親が連帯保証人として同席した。

関連記事リンク(外部サイト)

<ザ・ビートルズ記念日>エド・シーラン/リリー・ジェームズら『イエスタデイ』キャスト&スタッフが選ぶ究極のベストソングをご紹介
エド・シーラン、自身が主人公のモデル&本人役で出演したビートルズ映画『イエスタデイ』英プレミアに登壇
ビートルズ『レット・イット・ビー』制作時の未公開映像を基にした映画が制作中、監督はピーター・ジャクソン

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき