ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

国分太一 病室に先輩後輩が集まった貴重な3週間「別れる時間もジャニーさんは演出してたのかな」

多くの人気男性アイドルの生みの親として知られるジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川氏(87)が、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、7月9日に死去した。翌日10日朝の生放送情報番組『ビビット』(TBS系)でMCを務めるTOKIOの国分太一が、当日の様子を語った。

冒頭にこれまでジャニー氏の手がけてきたプロデユースの歴史や闘病状況をまとめた映像が流れると、国分は号泣。「この顔をジャニーさんは一番嫌がると思うんですけど、やっぱり長かったんですよねえ……、残念です。お伝えしているように、ジャニーズ事務所代表取締役ジャニー喜多川が昨日亡くなりました。87歳でした。気持ちの整理がつかないまま、番組の時間が来ていまいました」と挨拶。

そして、「本当に今この泣いている姿を見たら、ジャニーさんは相当怒ると思うんですけどもね。こんなつもりじゃなかったんですけども……。すみません、ジャニーさん」と謝罪の言葉を述べた。

新旧歴代のグループのプレイリストが流れ……回復することしか考えていなかった

ジャニー氏は6月18日に倒れ病院に緊急搬送。そこから約3週間、事務所の所属タレントが毎日、入れ代わり立ち代わり、朝から晩までジャニー氏の病室へ訪れ、深夜でも誰かしらタレントがいる状況だったという。「それを許してくれた病院側に感謝しかありません」とお礼の言葉を口にした国分。

そして、五感を刺激すればもしかしたら回復するんじゃないかと、焼肉弁当などジャニー氏の好物を食べて匂いを伝えるなどもしていた。その行為にはきちんとジャニー氏の反応があり、手を動かすなど回復に向かっていると感じ、医者も驚いていたようだ。「本当にこの3週間、奇跡は起こるんじゃないか、回復することしか考えていなかった」と、これまでの心境を明かした。

また病室には、所属タレントの新旧グループの映像と曲が常に流れていたという。「病室では3週間、ジャニーさんが育ててくれたジャニーズを含め新旧歴代のグループの曲もかかっていたんですよ。それがプレイリストで1回11時間流れるように作られていたんです。だから、ジャニーさんは毎日大体それを2回聴くことになるんですよね。それを3週間続けたということで、そうとう飽きたでしょうね(笑)」と笑う場面もあった。

「病室で7月7日を迎えるんですよ。実は七夕の日も笹をジャニーさんの部屋に置いて、ジャニーさんと今後やりたいことをメンバー1人1人が短冊に書いて飾ったりして」と、今年の七夕の様子を明かす。

国分が何を短冊に書いたか尋ねられると、「僕は若い頃からジャニーさんにすごく怒られてたんですよ。例えばこうやってテレビで泣くと、『YOU最悪だよ!やっぱり演者が泣いちゃダメだよ!それは絶対我慢しなきゃダメだよ』と若い頃から怒られていたんですよ。だから、『ジャニーさんが元気になったらまたTOKIOをバチ打ちしてください』と書きました」と答えた。

「別れる時間もジャニーさんは演出してたのかな」

ジャニー氏が亡くなったと連絡を受け、集まれるタレントは全員ジャニー氏の病室に集まった。「マッチさんがいるところになんとなくみんな集まっていて。マッチさんの言葉を待つわけでもなく、なんかそこにいたいという空気の中、思い出話をしたりとか、『やっぱりあの人すごい人だったね』『ジャニーさんのもつ魅力ってなんだったんだろうね』という話が尽きなかったですね。泣いているメンバーもいましたけども、結構みんな、なんとも言えない空気を受け止めながら、語っていた感じです」と振り返る。

また、「病室内でも普段喋ることのない後輩や、ここまで深く話さななかった先輩と、ジャニーさんを囲んで『当時どんな感じだったんですか?』とか、知らないジャニーさんの話を聴けた3週間でもあったんですよね。それはなんか心憎いんですけど、そこもジャニーさんは演出してたのかな、と。別れる時間をたくさん作ってくれて、僕の31年間、知らなかった部分も、他の先輩だったり後輩から教えてもらった貴重な時間でしたね」と感慨深げに語った。

関連記事:
滝沢秀明が想いを引き継ぐ「ジャニーさんはステージ上では亡くなっていない。ぜひジャニーさんの考えたエンターテインメントを観に来てもらいたい」と国分太一が呼びかけ
https://getnews.jp/archives/2178519

※画像は『ビビット』公式サイトより。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき