ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

香港のウイスキーネットオークションで860万円の最高値を付けたのは日本のあのブランド

サザビーズ香港が開催したウイスキーと茅台(マオタイ)酒のネットオークションで、サントリーの“山崎 35年”に62万香港ドル(約860万円)の値が付き、このオークションの最高額で落札された。

6月21日に入札が始まったオークションには、マッカラン、ゴードン&マクファイル、サントリー、イチローズモルト、貴州茅台酒などの人気ブランド54本が出品された。

前人気の高い“山崎 35年”には予想落札額の時点で35万~55万香港ドルと54本中の最高額が提示されていたが、最終的にはそれを上回る62万香港ドルの値が付いた。その次に高かったのは“マッカラン 52年 1946 セレクトリザーブ”で、18万6000香港ドル(約257万円)となった。

“山崎 35年”は2006年にわずか200本が瓶詰めされた希少価値の高いウイスキー。ジャパニーズ・ウイスキーの代表格として、風味の面でも評価は高いが、それよりも投資対象として世界的に人気が高まっている。2018年にはさらに希少な“山崎 50年”が、やはり香港のオークションにおいて約3700万円で落札されている。ちなみに、世界最高額のウイスキーとしては、昨年11月のクリスティーズ・オークションに出品された60年物のマッカランに付いた120万ポンド(約1億6300万円)が現在の記録のようだ。

画像とソース引用:『sothebys.com』より
https://www.sothebys.com/en/buy/auction/2019/whisky-moutai-online?locale=en[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき