ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「時事の悪魔合体」「社会派風刺漫画」大川ぶくぶ先生の「ボトルキャップチャレンジ」画像に反響

7月に入り、SNSでは「ボトルキャップチャレンジ」なる動画をアップする方々が増えてきたように思われる。

ボトルキャップチャレンジとは(ニコニコ大百科)
https://dic.nicovideo.jp/a/ボトルキャップチャレンジ[リンク]
7月6日には、空手の黒帯である女優の武田梨奈さんが見事な回し蹴りの動画を『Twitter』にアップし大反響を呼ぶ。


また、世界的歌手のマライア・キャリーさんは「Challenge accepted!」と、歌声でキャップを開けるという異次元動画を『Instagram』にアップし話題となっていた。

この投稿をInstagramで見る

Challenge accepted! #bottlecapchallenge

Mariah Careyさん(@mariahcarey)がシェアした投稿 –

一方、「ポプテピピック」などの作品で知られる大川ぶくぶ先生は6日『Twitter』にて

今日の

とツイート。1コマ目で「邪魔だ!」と叫んだポプ子が「縛られた牛のピピ美」が持ったボトルキャップを蹴り飛ばしている2コマ漫画をアップした。
つい先日話題になった、アニマルライツセンターの反畜産漫画を想起させるような、なんとも大川先生らしい作品。反響を呼び、

「全部のせ」
「社会派風刺漫画」
「情報量が多過ぎる」
「欲張りセット」

といった返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき