ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

姉妹の顔が恐怖にゆがむ パスカル・ロジェ最新作『ゴーストランドの惨劇』 おぞましい場面写真解禁[ホラー通信]

『ゴーストランドの惨劇』

『マーターズ』『トールマン』で知られるフランスの鬼才パスカル・ロジェ監督の最新作『ゴーストランドの惨劇』が8月9日より公開。新しい場面写真が解禁となりました。ちょっとショッキングな写真もありますので閲覧注意でお願いいたします。

新居に越してきた双子の姉妹と母が、絶望的な惨劇に巻き込まれる本作。目を覆いたくなるような恐怖描写を盛り込みながらも、全編に伏線と罠を張り巡らせ、観終えたあとには必ず“もう一度観たくなる”作品に仕上がっております。

解禁となった場面写真では、僻地に住む屋敷に一家が越してきたその夜、突如押し入った不気味な暴漢に襲われる姉妹の姿が写し出されています。

『ゴーストランドの惨劇』場面写真

暴漢に髪をつかまれ家中を引きずり回され、泣き叫んでいるのは姉のヴェラ。奔放で勝ち気なヴェラでしたが、この夜から一変し……。

『ゴーストランドの惨劇』場面写真

耳を塞ぎ怯え切った表情で涙を浮かべているのは、内気な妹のベスです。

『ゴーストランドの惨劇』場面写真

そして、狭い廊下の向こう側から虚ろな目でこちらを見つめている暴漢の不気味な姿。薄汚れた服を纏った彼の手には、フランス人形がだらりと……。

『ゴーストランドの惨劇』場面写真

そして16年後、あの夜の惨劇から精神を病んでしまったヴェラの姿を切り取った写真がこちら。ボキボキに折れ曲がった指を見せつけ、こちらを見下ろす視線は狂気に満ちています。彼女は一体どうなってしまったのか……?

おぞましいシーンの数々に仕掛けられた巧みな罠。果たしてあなたは見抜けるでしょうか? その真実はぜひ本編でお確かめを。

『ゴーストランドの惨劇』
8月9日(金)より、新宿武蔵野館 ほか全国順次ロードショー

(C) 2017 – 5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき