ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

狂気を極めた禁断のデブ飯『ペヤングバターつけめん』が超悪魔的ウマさ!! ダメだって……こんなの絶対ダメだって!!

油をたっぷり使ったり、味付けが濃い目だったり、体に悪いとされる食べ物ほど不思議と美味しいもの。そしてそういう体に悪い食べ物ほど時折無性に食べたくなってしまうものではないでしょうか。

カップラーメンカップ焼きそばもまさにそのひとつ。特に僕はカップ焼きそばが大好きで、普段は健康的な食事を心がけていても、唐突にペヤングを食べたくて食べたくて震えてしまうことも少なくありません。

体に悪い物は食べたくない……。でもたまには体に悪くて美味しいものも食べたい……!! ブワァアアアァァァーーーーッ!! ジャンクフードが食いてえよおおおぉッヒョオッホーーー!! アァッハアァーーーー!!

そんな葛藤を繰り返した末にひらめいたのは“二日酔い”の原理。お酒を浴びるほど飲んで二日酔いになるたび「もう酒なんて飲まない」と誓うように、体に徹底的に悪いものをガッツリ食べたら、きっとしばらくは体に悪いものを「もう食いたくない」と思えるようになるはず……!

狂気を極めた禁断のデブ飯『ペヤングバターつけめん』

こうして誕生したのが今回ご紹介する『ペヤングバターつけめん』なのです。バターとブラックペッパーを使ってペヤングを極悪級のデブ飯にアップデート。これがもう超悪魔的なウマさになってしまったので、皆さんにもご紹介したいと思います。

まずは手順に従ってペヤングを作ります。完成したらそのまま一気に食べてしまいたいところですがグッとこらえましょう。

続いてペヤングにブラックペッパーをガッツリと大量に振りかけます。ペヤングにはもともとスパイスの小袋が入っていますが、それをブーストするイメージですね。

個人的にはブラックペッパーが最高だと思いますが、なければ普通の胡椒でも大丈夫です。

さらにバターを食器にたっぷり入れてレンジでチン。大量の溶かしバターを作ります。

これで『ペヤングバターつけめん』の完成。バターはすぐに冷めてきてしまいますが、できればペヤングに熱湯を入れて3分待っている間に作っておくと理想的ですね。

なんだこの頭のおかしい食べ物は……!!

準備ができたらつけめんの要領で、ペヤングの麺を溶かしバターにたっぷりと浸して食べ進めます。

濃厚な溶かしバターと大量のブラックペッパーが絡んだペヤングのスパイシーな麺を口に含むと、その瞬間に口の中いっぱいに広がるバターのコクと芳醇な風味……!! そしてガツンとくるブラックペッパーの刺激……!! ギャアアアァアアアアアアーーーーーッ!!!!! ズェエエェェェーーーーーーーーッ!!!!! なんだこの頭のおかしい食べ物は……!!!!

ペヤングのソースとバターの相性も最高の極み。もちろんラーメンのトッピングのように、ペヤングの上にバターをのせるというちょい足しをしても美味しいのは間違いないでしょう。

しかし! 麺を溶かしバターにダイレクトにディップすることで、バターの美味しい要素をすべて麺に絡めることができるのです……!!

もちろんバターの美味しい要素が麺にたっぷり絡むということは、摂取するカロリーや脂質もグググーーーーーンと跳ね上がってしまいます。こんなもの食べたら絶対に太っちゃう……でも一度食べたら忘れられない味! 忘れたくない味……忘れたくなかった味!!

一度食べたら忘れられない『ペヤングバターつけめん』の破壊力。さあ、皆さんも禁断の扉を開けてみてください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき