ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ロングインタビュー:アキラ100%の熱い演技で号泣必至の映画『こはく』 監督が投げかける“本当の家族の優しさ”とは

幼いころ借金を残して突然姿を消した父親。その後を継いでガラス細工の工場を立て直す弟(35)と、別れた父に根深い恨みを持ったまま大人になり、定職にも就かず母親と同居している兄。そんな兄弟がお互いに複雑な感情を抱きながら父を探し歩く──。

7月6日より全国で公開される映画『こはく』は、慟哭のラストシーンとともに“家族の優しさ”とは何かを投げかける。原案を作り、監督を務めたのは、長編映画2作目となる横尾初喜氏。そして、感情の起伏が激しく気難しい兄役に抜擢されたのは、“裸芸”でブレイク中のお笑い芸人、アキラ100%こと大橋彰だ。

2人にとって「家族」とはどんな存在なのか。撮影の裏話も含めて、たっぷり語り合ってもらった。

横尾監督「哀愁とユーモラスな一面を併せ持つ役柄に“どハマリ”だった」

──兄の広永章一は、弟の亮太(井浦新)よりも父に対する恨みの感情が強いことや、仕事もろくにせず虚言癖もある難しい役どころ。監督はなぜ大橋さんに声をかけたのですか?

横尾:僕が監督をした前作の映画『ゆらり』は舞台が原作なのですが、その舞台に大橋さんも出られていたので、もう4、5年前からお名前は知っていました。大橋さんは少し哀愁の漂う役柄で、かつユーモラスな一面もある難しい役を見事に演じていました。僕はコメディーも好きなので、素敵な役者さんだなと思っていました。

大橋:『ゆらり』は、僕の所属事務所のネタ見せをしてくれている作家さんが書いた本なんです。当時、僕はピン芸人でお芝居コントみたいなこともやっていたので、「出てみない?」って誘われて。

横尾:そんな大橋さんが突然、お盆を持って裸でテレビに出てきたときにはビックリしましたよ。「あの大橋さんが“アキラ100%”さん?」って(笑)。

──もともと大橋さんは俳優志望で、高校時代から演劇部に入っていたそうですね。

大橋:そうなんです。高校の時から役者の道に進みたいと思っていました。ちょうど“第三舞台”や“キャラメルボックス”といった劇団が人気で、面白いけど最後はグッと感動を呼び起こすような演劇に僕も魅せられ、本気でお客さんを笑わせるコメディー俳優にも憧れていました。

──大橋さんから見た、横尾監督の第一印象は?

大橋:『ゆらり』の映画化のときは、少ししか出番がなかったので、あまり監督とじっくりとお話しする機会はありませんでした。それよりも、洋服を着て、しかも映画に出ること自体が初めてだったので、緊張と胸のドキドキで撮影の間じゅう汗が止まらなくなってしまって……。リハーサルの度にメイクさんに汗を拭いてもらっていたら、最終的に「焦ってばかり」という性格の役柄に変わっていて(笑)。

横尾:その役も大橋さんのユーモラスな特徴が光って、とても良かったです。

大橋彰(アキラ100%)「誰かと間違えてるんじゃないか」と確認した(笑)

──監督は今回の『こはく』でも、大橋さんに出演依頼をしようと思った理由は何ですか?

横尾:先に井浦新さんにオファーして快諾をいただいていましたが、その兄でストーリー上とても大切になる役柄を誰にお願いしようかとなったとき、井浦さんとは違う表現で化学反応が起きるような役者さんが絶対に面白いだろうなと考えました。そこで直感的に「大橋さんしかいない!」と。舞台出身の俳優さんは「その場に生きている」表現をあらゆるアプローチで演じることができるんです。

──大橋さんは重要な役どころのオファーがきて、どう思いましたか?

大橋:横尾監督がまた映画を撮るので出演オファーが来ているとマネージャーから聞いたとき、台本を見る前から絶対に出るつもりでいました。

最初、兄の章一役と聞いて、イメージではワンシーン、ツーシーン出るぐらいの感じで台本を読んでみたら、「あれ?」と。登場シーンがめちゃくちゃ多くて、何枚ページをめくっても章一が出てくる。読み終わってからマネージャーに、「誰かと配役を間違えてるんじゃない?」と確認したほどです(笑)。正直、これは大変なことになったと思いましたね。

──そこからクランクインまで、兄役をどう演じようと思いましたか?

大橋:兄の設定については、台本上では特に説明がなかったので、監督の思いを実際に聞いたのは、撮影前に現場に入ってからです。長崎が舞台の映画で、すべて方言のセリフだったので、それまでは方言のニュアンスを覚えることでパニック状態になっていました。

弟役・井浦新らと話し合いながら作り上げていった“家族”の旅

──では、役づくりを詰めていったのも、撮影直前だったということですか?

大橋:僕としては、弟の亮太を支え、寄り添いながら父を探していくイメージでいました。でも、いざ現場に入ってみると、「兄弟の関係性をより密に作っていきたい」という監督の要望もあって、撮影に入る2日前の晩に宿泊先のホテルロビーに監督と井浦さん、撮影監督さんと僕の4人が集合して、ガッツリと話し合いを。

横尾:そのとき、井浦さんが「この物語は“兄の旅”ですね」と言ったんです。もちろん兄弟で一緒に父を探す旅なのですが、父のことをはっきり覚えているのも、長年父に抱いていた思いを昇華するのも兄。弟はそれを見つめながら、自分も父になっていくというストーリー。むしろ寄り添うのは弟のほうなんじゃないかと。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき