ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

プロジェクタ―+スピーカー機能を持つスマートシーリングライト『popIn Aladdin』にコンテンツやサービスを追加するAlladin IDを提供開始

popInは、家庭用のシーリングライトに内蔵したプロジェクターとスピーカーで、部屋の壁面に映像やコンテンツを表示する機能を持つスマートシーリングライト『popIn Aladdin』に、コンテンツやサービスを追加するAladdin IDを提供開始したことを発表しました。

Aladdin IDの登録は無料。登録することで、『CINEMA』アプリで毎週5組10名への映画チケットのプレゼント、『popIn Aladdin』主催のイベントへの招待、月額3980円で小児科医療相談サービスを提供する『小児科オンライン』のサービス利用し放題、ベビーシッター・家事代行サービス『Kids Line』のクーポン毎月配布、500円分のポイントといった特典が利用できます。

Aladdin IDでログインすることにより、月額の有料サービスの利用にも対応。様々な風景を投影して楽しめる『美風景』では、月額120円で「世界中の風景」「動く浮世絵」カテゴリーの新作を2枚ずつ利用可能。自動読み聞かせ絵本『世界の絵本』では、紙の本で約1500円相当の“世界の絵本”を月額360円で毎月1冊追加するサービスを提供します。

同社は6月21日に『popIn Aladdin 事業報告会』を開催。先行してAladdin IDを発表したほか、『popIn Aladdin』の累計販売台数がクラウドファンディングからの出荷を含め2万台を突破したことを発表しました。

小さな子供のいる家庭の寝室での利用を想定していたところ、購入者でファミリー層は49%だったのに対して、シングル・カップル・DINKS層が51%と上回っていたこと、購入者の設置場所はリビングが53%と寝室(47%)を上回っていたことなど、興味深いデータも併せて発表されました。

今年に入って1万台を販売。2019年中には3万台の販売を目標に掲げています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき