ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

シーズン3は『バイオハザード』にインスパイアされた!? 『ストレンジャー・シングス』クリエイターが明かす

Netflixは6月25日、2019年夏以降に配信する最新ドラマ、映画、ドキュメンタリーを一挙に紹介する「Netflixオリジナル作品祭」を開催。

7月4日から待望のシーズン3が全世界同時配信となるNetflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』より、物語のきっかけとなった失踪事件の被害者ウィル役のノア・シュナップ、みんな大好きダスティン役のゲイテン・マタラッツォ、そして新米カップルとして今後の展開が楽しみなルーカス役のケイレブ・マクラフリンとマックス役のセイディー・シンクが登壇し、トークセッションが行われた。

ケイレブが「ルーカスは新シーズンで10代のロマンスを経験します。マイクに対して恋愛の先輩っぽく振舞う場面も(笑)。成長したことで、性格は少し落ち着いたと思います」と述べると、ノアは「ウィルはシャイで、純粋で、仲間と遊ぶことが大好きな少年でしたが、裏側の世界を経験して、自分のなかの勇気を振り絞ることを学びました。しかし、彼自身に起こった問題は、まだ完全には解決していないんです」と、新シーズンの展開に関するヒントを提供。

さらに、セイディーは「マックスは今シーズンでグループの一員となり、ホーキンスの町に自分の居場所を見つけます。イレブンとの間にも友情が芽生え、彼女をガイドするような役割を担っていきます」。ゲイテンは「ダスティンは今までのように仲間と一緒に冒険するだけでなく、自分自身がリーダーになって行動することを学びます」と、それぞれ成長した姿が楽しみになるコメントを披露した。

また、今回は来日がかなわなかったクリエイターのダファー兄弟(マット・ダファー、ロス・ダファー)から、日本のファンに向けたコメント映像が到着。

マットが「『ストレンジャー・シングス』というとスティーブン・スピルバーグやスティーブン・キングの影響を受けていると言われるけど、実は、日本の文化にも大きな影響を受けています」と水を向けると、ロスは「僕たちは二人とも“超オタク”だから、子どもの頃からアニメやゲームに夢中だったんです。『エルフェンリート』『AKIRA』『サイレントヒル』の3作品からはアップサイドダウン(裏側の世界)を描くのにとてもインスピレーションを受けました。そして、シーズン3は、『バイオハザード』かな!」と、同作が日本カルチャーの影響を多分に受けていることを明かした。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界 3』最終予告編(YouTube)
https://youtu.be/Rz2NGToqrBw

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき