ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【米ビルボード・アルバム・チャート】ジョナス・ブラザーズ堂々の1位、サンタナ新作が3位初登場

【米ビルボード・アルバム・チャート】ジョナス・ブラザーズ堂々の1位、サンタナ新作が3位初登場

 ジョナス・ブラザーズの新作『ハピネス・ビギンズ』が堂々のNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 今年3月、約6年ぶりとなるシングル「サッカー」で復帰したジョナス・ブラザーズ。同曲は、3月16日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で自身初のNo.1デビューを果たし、3か月が経過した今週のチャートでも4位にランクインする、異例のロング・ヒットを記録している。

 この曲の大ヒットもあり、本作『ハピネス・ビギンズ』は初動414,000ユニットという驚異的な数字を叩き出した。2019年度の集計では、2月23日付チャートでアリアナ・グランデの『thank u, next』(今週12位)が記録した360,000を上回る最大の週間ユニット数で、週間セールスとしても最高の357,000枚を売り上げた。ストリーミングによるユニット数は、およそ57,000(SEA、TEA含む)。 アルバムのセールスが高かった理由として、8月からスタートする【ハピネス・ビギンズ・ツアー】のチケットとの連動があげられる。

 初動40万ユニットを上回るのは、2018年10月13日付チャートで同1位にデビューした、リル・ウェインの『カーターV』(480,000ユニット)以来の快挙で、ストリーミングによるユニット数を除く純粋な売上枚数(セールス・ポイント)としては、1年間で最大の数字を記録した。それ以前では、 2017年12月2日付チャートでNo.1デビューを果たしたテイラー・スウィフトの『レピュテーション』が、122万枚という凄まじい記録を打ち出している。

 ポップ・アルバムとしては、その『レピュテーション』が記録した1,240,000ユニット以来の高記録で、グループとしては、2015年12月5日付チャートで459,000ユニットを記録した、ワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』から3年以上になる最大のユニット数となる。

 本作は、ジョナス・ブラザーズにとって通算5枚目となるスタジオ・アルバムで、全米での首位獲得は、2008年リリースの3rdアルバム『ア・リトル・ビット・ロンガー』、前作『ラインズ・バインズ・アンド・トライング・タイムズ』(2009年)に続く3作目。初動ユニットとしては過去最高だが、ストリーミングが集計に含まれる以前の初動枚数を含めると、『ア・リトル・ビット・ロンガー』が記録した525,000枚(2008年8月30日付)に次ぐ2番目に高い記録となる。

 今週3位にデビューしたのは、サンタナの新作『アフリカ・スピークス』。最高5位をマークした前作『サンタナIV』(2016年)から3年ぶり、通算25枚目となるスタジオ・アルバムで、通算15作目のTOP10入りとなる(うち4作が1位)。週間ユニットは57,000で、そのほとんどがセールスによるものだった。本作も『ハピネス・ビギンズ』同様、コンサート・チケットの販売特典が売上に含まれている。

 4位には、米ノース・カロライナ州出身のカントリー・シンガー、ルーク・コムズの新EP盤『Prequel』が初登場。週間ユニットは48,000で、そのうちアルバムのセールスが22,000。カントリー・シンガーとしては、ストリーミングによるユニット数もそこそこ高いといえる。TOP10入りは、2017年にリリースしたデビュー・アルバム『ディス・ワンズ・フォー・ユー』(最高4位)に続く2作目で、カントリー・アルバム・チャートでは2作連続の首位獲得を果たした。本作からは、今週のソング・チャートで22位まで上昇した「ビア・ネバー・ブローク・マイ・ハート」がヒットし、アルバムのプロモーションに繋げた。

 続いて5位には、ラッパーのフューチャーによる新EP盤『Save Me』がデビューした。42,000ユニットのうちアルバム・セールスがわずか5,000枚、そのほとんどはストリーミングによるポイントだった。TOP10入りはこれで12作目だが、ランキングとしては、2012年のデビュー・アルバム『Pluto』が記録した8位に次ぐ2番目に低い順位。フューチャーは、今年の1月に7thアルバム『The WIZRD』を首位に送り込んだばかりで、リリースするスパンが各年短いのも特徴。

 6位にデビューしたのは、米シカゴ出身の新人ラッパー=ポロ・Gのデビュー・アルバム『ダイ・ア・レジェンド』。初動ユニットは38,000で、そのうち37,000ユニットがストリーミングによるもの。アルバムの実売は、たった1,000枚以下だった。アーティストの年齢が若いほど、リスナーもストリーミングでの視聴が主流となる。本作からは、今週のソング・チャートで11位まで上昇した「ポップ・アウトfeat.リル・ティージェイ」が大ヒットしている。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、6月21日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ハピネス・ビギンズ』ジョナス・ブラザーズ
2位『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』ビリー・アイリッシュ
3位『アフリカ・スピークス』サンタナ
4位『Prequel』ルーク・コムズ
5位『セイヴ・ミー』フューチャー
6位『ダイ・ア・レジェンド』ポロ・G
7位『フリー・スピリット』カリード
8位『ファーザー・オブ・アサド』DJキャレド
9位『ベイビー・オン・ベイビー』ダ・ベイビー
10位『ダイアモンズ~グレイテスト・ヒッツ』エルトン・ジョン

関連記事リンク(外部サイト)

6月22日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
ジョナス・ブラザーズ、カムバックAL全米1位に大喜び「本当に最高」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき