超軽量の充電式LEDキャップライト『CLAYMORE Capon 40B/65A』は機能充実! 夜釣り、キャンプ、バーベキュー、サイクリング・・・防災にも使える便利アイテム

access_time folder生活・趣味

 

ハピラから、新しい超軽量のキャップライトが登場。LED照明器具ブランド【PRISM】(プリズム)の人気ランタンシリーズ【CLAYMORE】(クレイモア)のラインナップからの発売で、『CLAYMORE Capon 40B』と『CLAYMORE Capon 65A』の2種である。キャンプやバーベキュー、夜釣りなどのシーンで重宝するヘッドライトだが、今回ご紹介の新商品は、キャップに付けられるクリップ式の採用のほか、軽量ボディに、優れた機能と使いやすさが満載だ。さっそく使ってみた!

 

2つの機種の違いは?

こちらは【65A】。明るさを最大にすると、どちらの機種も230ルーメン。ヘッドライトとしては、十分すぎる明るさがある。

【40B】と【65A】の2種の大きな違いは、まず充電用のバッテリー容量。【40B】が400mAhなのに対し、【65A】は650mAhである。この違いは、連続点灯時間が前者は2~12時間、後者が3~19時間という差になって現れる。最大光量で1時間違うが、明るさをMAXにして使い続けることは、通常あまりないこと。むしろ、最低限の光量で使用したときの7時間差は大きな違いかもしれない。

赤色LEDが装備された【40B】。重さはわずか29gしかない!

また、【40B】には赤色LEDが搭載されているが、【65A】には搭載されていないのも、スペック上では大きな違いである。

 

しかし、赤色ライトを使いたい人のために、【65A】には赤色フィルターが付属しているので、この違いは現実的には、それほど気になる差ではない。

1 2 3 4次のページ
access_time create folder生活・趣味
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧