ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

月額2496円! クラフトブルワリー初のサブスクリプションサービス『BEER TO GO』が6月17日より登場

平日1日1杯まで、最大17種類の中からお好きなビールが飲めるサブスクリプションサービス『CLUB BTG』がスプリングバレーブルワリー株式会社より6月17日から開始。

店舗はGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)内のクラフトビール&デリスタンド『BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY』。

料金は月2496円。ビールは1杯500円なので、クラフトビールを月に5杯飲めばお得という内容。

『BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY』は、カウンターで購入した商品をGinza Sony Park内の共有スペースで楽しむことができるスタイルの店舗。サブスクリプションサービス『CLUB BTG』は月額制で、平日限定で1日1杯、好きなクラフトビールを選んで飲むことができます。

この日のクラフトビールメニューには、スプリングバレーブルワリーのフラグシップクラフトビール『496』や、のフラグシップクラフトビール『496』や、限定のブルックリンサマーエール、金しゃち名古屋赤みそラガーといった珍しいものも。充実のライナップです。

使い方は、アプリ『favy』で購入申し込み、会員登録ページを店頭で表示するといったシステム。登録は最短1分ほどなのだとか。

ビール容器はクラフトビールの“香り”と“のどごし”を堪能できる『BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY』専用に開発されたという広口ふたをつけたカップが使用。

クラフトビールのサブスクリプションサービス『CLUB BTG』は東京・銀座『BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY』店舗にて6月17日よりスタート。

詳細情報

サブスクリプションサービスの概要
1.サービス名:「CLUB BTG」
2.サービス提供開始:2019年6月17日(月)11時~
3.申し込み開始日:2019年6月13日(木)14時~
4.場所:BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY
     東京都中央区銀座5-3-1 Ginza Sony Park B4(地下4階)
5.利用可能日:平日のみ
6. 利用料金:月額2,496円(税込)
7.対象商品:BEER TO GOにて販売しているクラフトビール最大17種類
8. 会員申込みURL:https://www.favy.jp/shops/263262/plans/41
9. サービス概要:月額制、平日限定、1日1杯(レギュラーサイズ250ml)のクラフトビールを提供

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき