ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

デスクの周りの掃除がビジネスを好転させるその理由

デスクの周りの掃除がビジネスを好転させるその理由

あなたは自分の働くオフィスで、ちゃんと身の回りのものを片づけているだろうか。

忙しいとなかなか掃除の時間を取れなくなってしまい、どこに資料を置いたかが分からなくなってしまうことも。だから、常日頃から整理整頓を心がければいいのだが、そううまくいかない。

日本そうじ協会理事長、「掃除道」「習慣教育」の創始者の今村暁氏による一冊『マンガでわかる すごい掃除』(ワニブックス刊)は、掃除で変わった11社の実例を挙げながら、仕事を成功に導く掃除のノウハウを紹介した一冊だ。

今村氏によれば、掃除道とは「掃除を通して、良い環境作りと良い習慣作りをする」こと。

良い環境、良い習慣があるからこそ、ビジネスも人生もうまく回り始める。良い環境を身に付けるための一番手軽なトレーニング方法が掃除なのだ。

では、掃除道を実践すると、具体的にどのようなことが変わるのか。

掃除道の整理整頓には「もの→時間→人→事業」の4つのステージがあるという。

最初に「もの」の整理整頓をすると、仕事がしやすくなり、時短も進むので生産性が上がる。さらに、時間の整理整頓ができるようになり、仕事そのものの整理もしやすくなる。そうなると、必要な部署への人の配置換えが進み、人、資源などの経営資源を集中させたい事業部門へと整理整頓が進む、という流れだ。

今村氏の考える「掃除道」は「良い場」作りを目指すものだ。その「良い場」とは「物理的要素」「人的要素」「コミュニケーション的要素」の3つの要件から成り立つという。

物理的に心地の良い空間を作り出し、「良い人」と「良いコミュニケーション」を取る。そうして良い場が作られていくという考えだ。目の前にいる人まず笑顔にすること。それがひいてが広い世界へとつながっていく。

掃除には、「精神的効果」「肉体的効果」「経済的効果」「時間的効果」「対人的効果」の5大効果がある。掃除を習慣にすることで、これらの5つの効果を実感できるはずだ。

まずは半径1メートル以内の身の回りのこと。たとえば、ゴミを捨てる、机を拭くなど、小さなことでも、今日からできることを始めてみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

経験や失敗を“カネ”にする最適な方法とは?

なぜか人生が上手くいっている人は、上手くいかない人と何が違うのか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき