ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ソニック・ザ・ムービー』の予告編があまりにもアレだったもので…… こういうソニックならいかがでしょう?

世界中のソニックファンからのブーイングを受け、ソニックのキャラデザイン変更及び公開日延期が発表された『ソニック・ザ・ムービー』。

『ソニック・ザ・ムービー』の公開が3か月延期に 今度はちゃんと手袋をする?
https://getnews.jp/archives/2160201[リンク]

ロシア人アニメーターのArtur Baranovさんが、ブーイングが殺到したオリジナルの予告編に登場するソニックを、より“ソニックらしい”キャラクターに変更した動画を『YouTube』で公開し、話題となっています。

CARTOON SONIC in Sonic 2019 Trailer(YouTube)
https://youtu.be/xZ5OvTC9gAk

Sonic The Hedgehog (2019) – Official Trailer – Paramount Pictures(YouTube)
https://youtu.be/FvvZaBf9QQI

オリジナルの予告編はこちらです。

見比べてみると、どちらのソニックがよりファンのハートに刺さったかは明らかなようです。

『YouTube』のコメント欄には、「パラマウントは言い訳出来ないな」、「アニメーター1人でここまでできるのに、9000万ドル(約98億円)も予算使ってパラマウントがやらかしたことはひどすぎる」、「この動画を入れた履歴書をパラマウントに送ったらどういう反応するのかな」、「オリジナルより110%いいね」、「魂が洗われるわ」、「最高の編集じゃないか」、「パラマウントはこの予告編にインスパイアされるべき」、「パラマウントはこのアニメーターを採用すべき」、「これがファンサービスというものだよ」、「審判は下ったな」といった称賛の声が数多く見受けられました。

ソニックのキャラクターデザイン変更が発表されたばかりですが、この動画のおかげで次回の予告編に対するハードルが一気に高くなってしまったようです。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=xZ5OvTC9gAk

※ソース:
https://www.forbes.com/sites/mattgardner1/2019/05/29/cartoon-sonic-is-reinstated-in-an-unofficial-movie-trailer-remake-and-its-glorious/#4d52cc10127e

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき