米オレゴン州には犬用のスクールバスがあるんです

access_time create folder生活・趣味

日本では一般的ではないスクールバスですが、アメリカでは小中学生の登校時にスクールバスを使うのはごく一般的です。しかし、犬用のスクールバスはアメリカでも珍しいものです。

この投稿をInstagramで見る Doggie School Bus_Incさん(@doggie_school_bus)がシェアした投稿 – 2018年 8月月12日午後9時56分PDT

https://www.instagram.com/p/BmaAwnPFDPa/
米オレゴン州ウェストリンでは、スクールバス特有の黄色い車体に「DOGGIE SCHOOL BUS」と書かれた、犬用スクールバスが走っているのを見ることができるかもしれません。

犬用スクールバスを所有するのは、犬に特化したデイケアサービスを提供する、メキシコ系移民のArat Montoyaさん。スクールバスは、Aratさんが借りている広さ5エーカー(東京ドームの半分くらい)のドッグランへの送迎用として使われています。犬たちは1日の大半をドッグランで走り回ったりして過ごします。現在、Aratさんが抱えている顧客数は300頭以上。料金は1頭につき30ドル(約3300円)で、1日平均20頭前後の犬を預かります。半径5キロ圏内であれば、どこでも送迎するとのこと。“DOGGIE SCHOOL BUS”は、1998年型のフォード・エコノラインがベースになっています。

Doggie School Bus picks up pups for ‘school’(YouTube)
https://youtu.be/6wMm0NNQyac

時には車内でおもらしをするワンコもいるそうですが、そういう時はただちに停車して、ペーパータオルと掃除用スプレーを持って運転席を飛び出すそうです。これだけは、犬用のスクールバスならではの出来事ですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=6wMm0NNQyac

※ソース:
https://www.oregonlive.com/living/2019/04/oregons-doggie-school-bus-takes-pups-out-for-a-day-of-play-video.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧