新鮮なマグロがゴロゴロ! 那覇・泊漁港で480円の『海鮮卵かけご飯』を食べてみた

access_time create folderグルメ

海に囲まれた沖縄では、新鮮な魚介に恵まれていますが、中でもマグロ類が全漁獲量の50%以上を占め、生鮮マグロの水揚げは日本全国で3位となっています。

那覇港から離島に向かうフェリーが発着する泊ふ頭からさらに北に位置する泊漁港の敷地内には、マグロ専門店などが連なる『泊いゆまち』があり、その中で新鮮なマグロが乗った朝丼を食べることもできます。

2005年5月にオープンした『泊いゆまち』。ここでは、水産物仲卸業者23店舗が営業しているほか、奥のスペースの魚解体処理室をガラス越しに見学することも可能。水揚げ量は、一日平均で20トンで、日によっては50トンになることもあるとのこと。そのうち約70%はマグロです。

沖縄では、近海や南方の漁場で延縄や一本釣りで獲り、泊漁市場で手早く処理して高鮮度で保存されたものを『沖縄美ら海まぐろ』と位置づけてようとしています。季節によって、クロ・メバチ・キハダ・ビンチョウが獲れ、本まぐろやキハダまぐろは4~7月が旬です。

『泊いゆまち』内ですぐにマグロなどを食べることができるのが『丼すし まぐろ本舗』。680~2150円までメニューのバリエーションが豊富ですが、6時~11時まではリーズナブルな朝丼を提供。漁師のまかない飯だという『茶漬け丼』(380円)と『海鮮卵かけご飯』(480円)の二種類のうち、後者を注文してみました。

『沖縄美ら海まぐろ』が大胆に乗せられているほか、県産のソデイカも入っていて、かなりのボリューム。マグロの身が詰まっているのは当然として、ソデイカの食感も良いアクセントになっています。

また、特性しょうゆにはホタテなどの魚介のエキスをブレンド。九州地方のしょうゆに近い甘さとコクがあり、溶いた卵に加えるとよりマグロが引き立つ印象を受けました。

ここでは、汁としてアーサー汁、あら汁、イカスミを選ぶことができます。今回は生卵から口をさっぱりさせたいためにアーサー汁にしてみましたが、他の2つも気になるところ。

近年、海外からの観光客が増えて、飲食店のメニューの価格もそれなりになっている中、500円以下で朝食が提供されているスポットは貴重。国際通り沿いからはやや距離がありますが、朝の散歩がてら訪れる価値があるように感じました。

『泊いゆまち』

沖縄県那覇市港町1-1-18
6:00~18:00

『泊いゆまち』公式サイト
http://www.tomariiyumachi.com/ [リンク]

access_time create folderグルメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧