ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

果肉がジューシー&果汁シロップがやさしい味わい! 土浦で食べた生メロンのかき氷が絶品だった

気温が上がり、冷たいかき氷が食べたくなる季節になってきましたが、三食よりもスイーツを優先させる筆者のもとに「土浦に日替わりメニューのかき氷屋さんがある」という情報が舞い込んできました。なんでも、旬のフルーツを使ったメニューが揃っているのだとか……。一体どのようなお店なのか、東京都心から1時間ちょっと常磐線に揺られて土浦まで行ってきました。

土浦駅から徒歩3分ほど。レトロなビルの1Fにある『未来氷カフェ』は、厳選した季節のフルーツと洋菓子からインスピレーションを受けているといいます。カウンターの上に張り出されたメニューを見ると……。「みるくミント」「ゆずカルピス」「ほうじ茶ミルクグラノーラ」など、従来のかき氷屋とは一線を画したラインナップ。

その中でも期間限定だという「生メロン」(800円)をチョイスしてみました。

トップに果肉が3つ乗っていて、ビジュアルも映えている「生メロン」。俄然テンションが高まります。

この日のメロンは、茨城県鉾田市産の「イバラキング」を使用。出荷時期が4月下旬~6月ということなので、今がまさに旬。大玉にありがちな水っぽさは全くなく、ジューシーな食感と繊細な甘さを堪能できます。また、シロップもメロンの果汁を使ったもので、『南アルプス天然水』を使っているというクリアな氷が果汁の瑞々しさと合わさって、非常にやさしい味わいになっていました。

スプーンを進めていくと、中にも果肉が! 口を進めていくと徐々に甘さが濃くなっていくのですが、シロップのいやらしい甘みを感じさせず、上品な味のグラデーションが楽しめました。これで800円ならば満足感高いです。

『未来氷カフェ』では、メニューや臨時休業日、営業時間の変更を『Twitter』『Facebook』で随時発信しているとのこと。訪れる際にはチェックを忘れずに。

『未来氷カフェ』

住所:茨城県土浦市大和町3-18
営業時間:11:00~18:00

未来氷カフェ(Twitter)
https://twitter.com/kakigori_mirai [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。