ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

排水栓付き洗い桶や水切りカゴにもなって乾燥らくらく! 便利で美しい『スタンドウォッシュタブ』!

 

「100均」界のヒットメーカーとして、テレビ東京系「ガイアの夜明け」にも取り上げられたKOKUBO(株式会社小久保工業所)。使いやすい日用雑貨メーカーとして、100円の枠を越えて人気を集めているKOKUBOならではのアイデアが詰まった『スタンドウォッシュタブ』を使ってみた。

 

節水・時短できるけれど、邪魔だし乾きにくいというキッチン洗い桶の常識を覆す『スタンドウォッシュタブ』!

日本の「ものづくり」を担う有数のメーカーとして知られるKOKUBO(株式会社小久保工業所)。そこが100均の枠を越えて展開しているのが、キッチン用品「HAUS(ハアス)」シリーズである。

その徹底した使いやすいものづくり姿勢は、ぐんと価格が上がっても、やはり魅力的。中でもそのシリーズ第2弾となる洗い桶『スタンドウォッシュタブ』(360×220×160mm/7Lサイズ・希望小売価格 税抜1,500円・2019年5月15日発売)は、同社のアイデアと技術の結晶のように感じる。

 

 

近年洗い桶がブームになっているのは、水を溜めて洗剤とともに洗い物を浸し、汚れを浮かせてから排水することで、大幅な水コストの削減ができるから。流水ですすいでいく洗い物作業に比べて、水の使用量は激減し、水道代が節約になるからだ。さらにつけ込むことによって汚れが落としやすくなるので、時短にもなる。

記者も普段から洗い物時には洗い桶は欠かさないが、穴のないタイプだと水抜きが面倒。力も必要。さらに洗い桶自体が乾燥が必要な洗い物として最後に大きなスペースをとってしまうという弱点があった。しかも乾きにくい。

なのでこの『スタンドウォッシュタブ』の説明を見た時には、そうした問題が解決されていて、非常に魅力的に映った。それでは実際にはどうなのか、試してみたい。

 

内側からも外側からも取り付けられる排水栓

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。