ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

献立たてたら「ポチッ」と食材注文! 献立アプリ『タベリー』オンライン注文機能がスタート

毎日のごはん作り。

「バランスいい献立を考えて」「食材をそろえて」「必要なものを買い物をして」「さらに食材を使いまわす」……と多岐わたる工程。筆者のように「献立 面倒」で検索してしまう人も多いのでは?

個人の好みや条件にあった献立作りと、その献立に必要な材料の買い物リストが簡単に自動作成できる献立アプリ『タベリー』が「オンライン注文機能」のアップデートを新たにスタート。この機能により、『考える家事』のひとつ、「今日の献立やスーパーで買うものを悩む」という部分を大幅に削減し、日常的な家事の負担を少しでも軽減できるよう、強力にサポートする、というスグレモノ。

献立アプリ『タベリー』使い方
1.日付を選択すると、人数、食材の使い回し、好きなレシピなど複数の条件が個人に最適化された献立と買い物リストを作成することができます。
2.買い物リストより注文ボタンを押し、配送先住所を選択すると、自身の住所から利用できるネットスーパーの店舗一覧が表示されます。店舗ごとに必要な食材のトータル価格、最短受取日を比較し、どの店舗を利用するか選ぶことができます。
3.購入したい店舗を選ぶと、受取日を選択できます。その後、必要な商品が全てカートに追加されます。各商品は内容を確認して数量を変更したり、他の商品と交換したり、また商品を検索してカートに追加することが可能です。
4.商品が確定したら、各ネットスーパーに紐付いた決済方法にて決済をしていただきます。注文の履歴はマイページからいつでもご確認いただけます。

簡単すぎる! 献立アプリ『タベリー』使ってみた

献立アプリ『タベリー』。日々、献立を面倒に感じている筆者もさっそく使ってみました。

まず『タベリー』のアプリを立ち上げ、献立を立てたい日付をタップ。

するとおよそ数秒で献立が自動生成。簡単すぎ……!

出来上がった献立は変更もワンタップ。おかずを変更したり、スープを変えたり、1品メニューにしてみたり……とお好みで変幻自在。食べたいものを飲食店のメニューを選ぶ感覚でチョイスできます。

次に決まった献立レシピの食材がすぐにリスト化。自動でお買い物リストが完成。

ここからが新機能。事前にネットスーパーへの登録が必要なのですが、食材の合計額と提携先ネットスーパーが表示。食材の合計額も一瞬で比較できるので、最安値のスーパーを選択することも可能。これは便利。

筆者はスーパーへ寄った際に、ついあれもこれもと自宅にある食材を重複して買ってしまったり、お菓子を無駄買いしてしまうのですがごはん支度に必要な食材だけ、ピンポイントにオーダーできるので、賢く使えば上手に節約できそう。

さらに、好きな料理家さんを設定したり、食材の好き嫌いやアレルギーを事前に設定したり、カスタマイズは無限。試しに「リュウジ」さんでレシピを探すと、簡単ネット飯がずらーり!

発表会の際、株式会社10Xの矢本さんに「難しい料理は作りたくない面倒くさがりのタイプはどうしたらいいでしょうか?」と伺ってみたところ「“時短”のキーワードで検索や登録をして使っていくと、表示が最適化されどんどん使いやすくなりますよ」と、コメント。

アプリを使いこめば日々の献立のお悩みから解放されそう……? 献立にお悩みの方は使ってみては。

10秒献立アプリ『タベリー』
https://itunes.apple.com/app/id1296166080?mt=8

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき