ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アフリカの対密猟者部隊の自撮り写真に世界の人が「いいね!」 「彼らは我々の兄弟だ」

アフリカ・コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園で、密猟者から野生動物を守る活動をしているレンジャー隊員がアップした自撮り写真に「いいね!」が集まっています。


https://www.facebook.com/474596272672703/photos/a.474613556004308/1552236504908669/?type=3&theater[リンク]

レンジャー隊員のマシュー・シャマヴさんが『Facebook』にアップした自撮り写真の背後には、真っ直ぐ立ち上がってカメラの方を向く2頭のマウンテンゴリラ「ンダカシ」と「マタビシ」が一緒に写っています。とても人間臭いゴリラの姿に、「ポーズを取って笑っているみたい」「着ぐるみを着た人間じゃないと確認した?」「彼らは我々の兄弟姉妹だ」と、多くの人が親しみを感じている様子。そりゃあ、こんな賢くて穏やかで人と心を通わせることのできる動物は殺せませんよね。


https://www.facebook.com/474596272672703/photos/a.474613556004308/1360733180725670/?type=3&theater[リンク]


https://www.facebook.com/474596272672703/photos/a.474613556004308/1273775452754777/?type=3&theater[リンク]

コンゴでは過去20年にわたって続いた戦争と内戦の間に、マウンテンゴリラをはじめチンパンジーやゾウやサイなどの野生動物がペット化や肉・角・牙などのために乱獲され、多くの種が絶滅の淵に追い込まれました。ヴィルンガ国立公園では600人以上の対密猟レンジャー隊員が野生動物の保護にあたっています。それはとても危険な仕事で、これまでに179人の隊員が密猟者たちとの戦闘などで亡くなっているそうです。それでも、彼らの命がけの仕事のおかげで、一時は300頭近くまで減ったゴリラの生息数は、今では1000頭を超えるほどまで回復したとみられています。“兄弟”たちが絶滅の危機から脱する日まで、まだしばらく彼らの戦いは続きます。

画像とソース引用:『Facebook』より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき