ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『トランスフォーマー』のオプティマス・プライム&バンブルビーが本日都内を疾走中!
  • トム・クルーズ、映画『The Mummy(原題)』で64回の無重力スタントを行う
  • 娘を守るためにケヴィン・コスナーが暴走! 『ボディガード』を彷彿とさせる劇中動画が到着
  • ふかみんの映画研究室「2017年1月公開映画期待値ランキング 」トップは『 ドクター・ストレンジ 』(ディズニー)
  • 【おじいちゃん怖い】盲目老人が強盗を壮絶返り討ち……映画『ドント・ブリーズ』トリハダ必至の予告編
  • 話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた
  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』人気脚本家・古沢良太に聞く! 個性的なキャラクター達はどの様に生まれるの?
  • ホロコーストの重要人物を描いたドイツ映画『The People Vs. Fritz Bauer(原題)』が米国で公開へ
  • マイケル・ベイ、『トランスフォーマー』シリーズの5作目も監督へ
  • 【今週のDVD&BD】話題沸騰! 傑作SFアニメ『楽園追放 Expelled from Paradise』がついにレンタル開始
  • 梶裕貴 ラッキーアイテム“キュートになれるサラダ”を探し中!『映画プリキュアミラクルユニバース』完成披露舞台挨拶レポ
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 【写真】第88回アカデミー賞:バックステージ
  • 1950年代の人種差別暴動をモチーフとしたシニカルなサスペンス『サバービコン 仮面を被った街』
  • ゲーム『マインクラフト』が米ワーナー・ブラザースにより映画化決定、2019年に公開へ
  • 『万引き家族』がPrime Videoに登場! 是枝監督作品を計9本ラインアップ

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

渦中の「けものフレンズ2」見逃し上映会で出演者変更 テレ東の細谷伸之Pが安藤尚也助監督に

今年1月から3月にかけてテレビ放映されたアニメ「けものフレンズ2」。
ニコニコ生放送では、最終回でアンケートのワースト記録を更新するなど大反響。最終回の放送後も、複数の関係者によるSNSでの発言が不適切なのではないかとネット上で話題となっていたが、4月15日にはテレビ東京が

「けものフレンズ2」の放送に関しまして、弊社社員によるSNSでの発言の中に、視聴者の方々を不快にする、不適切なものが含まれていました。

とサイトでお詫びを発表、騒動が拡大していた。

参考記事:
テレビ東京が社員のSNSでの不適切な発言をお詫び 「けものフレンズ2」の騒動が拡大中
https://getnews.jp/archives/2143400[リンク]

4月17日には「けものフレンズ2」の見逃し上映会が予定されており、キャストやスタッフ数人が出演予定だったのだが、16日に細谷伸之・テレビ東京プロデューサーが欠席、安藤尚也助監督に変更となることが発表された。

ちなみに、今回変更となった安藤尚也助監督、ネット上では「けものフレンズ2の良心」と呼ばれている模様である。

一方で、木村隆一監督は16日未明に『Twitter』にて

なんか全焼しそうな勢いじゃない…?

とツイートを行う。パリのノートルダム大聖堂火災の報を受けてのツイートであったものの、先述のテレ東の発表等で「けものフレンズ2」がネット上で大炎上状態となっているタイミングだったこともあり、

「これは上手い。」
「天才か……? 」
「けもエネの事かな?」
「座布団2枚!」
「このセンス、嫌いじゃないです」

などなど、多くの返信が寄せられていたようである。

※画像は『 けものフレンズプロジェクト』のサイトより

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき