エレス『iFan Pocket』冷房が苦手な女性でも安心のポケットに入るモバイル扇風機でクールに!

access_time create folder生活・趣味

 

毎年、夏になると猛暑という異常気象続き。熱中症対策にエアコンの使用が呼びかけられているが、どうしても苦手という女性も少なくない。そんなときは扇風機の活用が考えられるものの、外出先やオフィスなどで使うのは難しい。そんな働く女性におすすめなのがエレス『iFan Pocket(アイファン ポケット)』。ポケットサイズの小型ファンで、しかもパワフル。これなら冷房が苦手な女性でも安心して使える!

 

エアコンによる身体の冷えが気になる女性にはハンディファンを!

今年も猛暑が予想される。でも、エアコンによる冷気で身体が冷えてしまって、風邪をひいてしまうという女性も少なくない。かといって、外出先の屋外に扇風機を持ち歩くというのは現実的ではない。

エレス『iFan Pocket』は超薄型で軽量コンパクトなポケットサイズの扇風機

エレス株式会社(東京都渋谷区)から発売された『iFan Pocket』(幅78×厚さ25×高さ137mm/約74g・参考価格 税込1,598円・発売中)は、ポケットに入れられる超薄型のモバイルファン。

邪魔にならないのでバッグに忍ばせて持ち歩くことができる

厚さ2.5cmという超薄型なので、バッグに忍ばせて持ち歩くのにも邪魔にならない。ちょっと暑いかなと思ったら、バッグからサッと取り出して涼しい風を得ることができる。

付属ストラップを装着して首から提げればハンディファンとして活用できる

屋外などで作業をしているときや、大型の扇風機が使えないオフィスなどでは、付属のストラップを使って首から提げておくこともできる。重さ約74gと軽量なので首に負担になることも少なく、ハンディファンとしてスマートに涼を取れて便利。

充電は付属のUSBケーブルで行う

電源は内蔵バッテリーに付属のUSBケーブルで充電を行う。「弱モード」なら約8.5時間の連続使用が可能(充電時間は1時間)。また、風量は強・中・弱の3モードが用意され、中央のボタンで簡単に切り替えできる。USBで充電できるということは、オフィスのパソコンはもちろん、モバイルバッテリーを一緒に持ち歩けば屋外でも長時間の使用が可能になる。これは汎用性がとても高いモバイルファンだ!

7枚羽根で最大4.7m/秒の風量が得られるパワフルさはデスクに置いても問題ない静音設計

この「iFan Pocket」は7枚羽根で最大風速4.7m/秒の風量を得られるパワフルさが魅力。ブラッシュレスモーターを採用しており、パワフルなのに省電力でバッテリーが長寿命という特長がある。なお、ファンのグリップ部分にはスタンドが内蔵されているので、デスクに置いて卓上扇風機としても2WAYで使えるのが魅力となっている。

カラーバリエーションはピンクのほかにグレーとネイビーを用意

「iFan Pocket」は紹介してきたピンクのほかに、グレーとネイビーという3色のカラーバリエーションで展開。シーンや気分によって複数台を使い分けるというのもおしゃれに違いない。

 

パワフルで省電力なエコ・モバイルファンでスタイリッシュにキメよう!

夏場だけでなく、春から初夏にかけてエアコンを使うほどではないけれど暑いという日も増えてくる。そんな日には「iFan Pocket」でスマートに涼むスタイルがエコかつスタイリッシュ。購入は量販店にて。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『DC リビング扇風機 AFL-328R/AFL-338R』3D立体首振りで衣類乾燥やアロマ機能も搭載。しかも熱中症対策までできる高性能扇風機が登場!
業界初! ホコリを飛散させない『フィルター付きDCリビング扇風機』
『エルズヒュミディファイアー ハイブリッド式アロマ加湿器』乾燥するこれからの季節に洗練されたデザインの加湿器でお肌にうるおいを!
『DC リビング扇風機(自動昇降機能付き)AFL-359X / FSSL-9539X』暑い夏に備えて、リモコンで高さを自在に設定できる高性能な扇風機を準備しよう!
懐かしくて新鮮!古き良き時代の『レトロ扇風機』。使いやすくて、個性が光るインテリアにもなる!

access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧