ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南キャン山里にパンサー向井の闇が暴かれる「ひな壇で前に座っている女優が……」

4月14日放送の『山里亮太の食わず嫌い』(テレビ朝日系)にて、パンサー向井の闇が表に現れる場面があった。

番組は、偏見のかたまり・山里亮太(南海キャンディーズ)に、やったことがないけれどやりたくない、イメージだけで食わず嫌いなことに“あえて挑戦”してもらう、逆行チャレンジバラエティー。

この日は、港区女子にアテンドしてもらう「港区の歩き方」を放送。しかし、人気インスタグラマーの港区女子たちを前に少し媚びてしまい、いつものように噛み付くことができなかった山里は、スタジオでVTRを見ながら、「港区になろうとした自分を殺したい」など、しきりに反省のコメントを述べた。

そんな山里の様子をスタジオで一緒に観ていたゲストが、芸人・パンサーの菅良太郎と向井慧。2人も偏った目線を持っているという話題になり、山里は、「管さんは(世間から見ても)いろんな思いとか持っていそうだけど、向井が世の中が思っているようなポップな明るいやつじゃない。ヤバイんだから」と発言。「あいつ、人にされた嫌なこととか全部ノートに書いて残してる」と暴露する。

すると、「そんなことないですけど」と言いつつも、「例えば、(スタジオセットで)2段ひな壇があると、前に女優さんが居らして、芸人って後ろの2段めじゃないですか。それで『何ですか、それ!』とかツッコミを入れた時に、1段めで後ろを振り返らない女優とかは『こいつだけは許さない!』って思う(笑)」と向井。

実は闇深い向井の告白に、山里も「さすがでしょ?」と笑みを浮かべた。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。