ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あの『ロボットレストラン』がド派手すぎるタピオカ屋を新規オープン! 中毒テーマソングの新曲をエンドレス再生

2012年、新宿・歌舞伎町に突如としてオープンした『ロボットレストラン』。その総工費は100億円ともいわれ、巨大なロボットを積んで大音量でテーマソングを流すトラックが都内を走り回り、当時は大変な話題となりましたよね。

現在はどうなっているのかと思い、昨年取材に行ってきましたが、日本の観光名所のひとつとしてたくさんの外国人が集まるド派手なエンターテイメント施設に進化していて驚きました。

開店から6年『ロボットレストラン』が進化しすぎててヤバイ!! あまりにも異世界すぎる空間を体験してきた!
https://getnews.jp/archives/2078450 [リンク]

そして先日、そのとき取材の窓口になっていただいたスタッフさんから久しぶりに電話をいただき、なにかと思ったら「タピオカ屋をオープンすることになったのでぜひ遊びに来てください」とのこと。『ロボットレストラン』のタピオカ屋……そんなの絶対おもしろいに決まってるじゃん!

早速オープンのタイミングに合わせて様子を見に行ってきました。

ギラギラに輝くド派手なタピオカ屋『バブリーバブルス』

相変わらずギラギラにライトアップされ、巨大なロボットの“ロボ子”が飾られている入口の奥に、なにやら金色にライトアップされているスペースができています。

これが絶対ソレだろうなと思いながら近寄ってみると、案の定新規オープンしたというタピオカ屋『バブリーバブルス』でした。

想像の斜め上を行くド派手ぶり。タピオカ屋というカテゴリに絞ったら、世界で最も派手なタピオカ屋と言っても過言ではないのでは。

しかも、ロボットレストランと同様にオリジナルのテーマソングが作られ、店頭でエンドレス再生されています。この曲がまた非常に中毒性が高い……!

ロボットレストランが新しく始めたタピオカ屋のバブリーバブルス。こちらもオリジナルのテーマ曲があって店頭でずっと流れてるけど、ロボットレストランに負けず劣らず中毒性があって良いな〜。

音楽に合わせて猿のキャラクターもエンドレスで踊り続けてくれているので、なんだか無料でショーを見ているような気分にもなれます。これ、今の季節はいいけど夏になったらどうするんだろ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき