ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2019/3/23号:韓国発・最新版POVホラー『コンジアム』

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

POVホラーの決定版、来ましたよ。実在の心霊スポットに潜入する若者たちのド級の恐怖体験を、あらゆる最新撮影機材で撮りまくる韓国ホラー『コンジアム』がいよいよ公開。様々なPOVホラーのいいところを詰め込み、組み合わせることで、ジャンル特有の弱点も克服してみせるという意欲作。カメラマンが撮影するのではなく、俳優たちがカメラを装備し、自分の見たものをそのまま撮影しているというのもポイント! その話についてはチョン・ボムシク監督インタビューをどうぞ。とびきり怖いけどそれが楽しいザ・エンタメホラー、ぜひスクリーンで体感してください!

それでは今週もいってらっしゃい!

『コンジアム』 3月23日

<ストーリー>
YouTubeで恐怖動画を配信する人気チャンネル「ホラータイムズ」が一般からの参加者を募り、コンジアム精神病院への潜入を計画する。主宰者ハジュンを隊長とする7人の男女は、いくつものカメラやドローン、電磁検出器といった機材を現地に持ち込み、深夜0時に検索を開始。100万ページビューを目標に掲げるハジュンの演出も功を奏し、サイトへのアクセス数は順調に伸びていく。しかし院長室、シャワー室と浴室、実験室、集団治療室を探索するうちに、ハジュンの想定を超えた原因不明の怪奇現象が続発。やがて悪夢の迷宮と化した病院内を泣き叫んで逃げまどうはめになった隊員たちは、世にもおぞましい“402号室”の真実に触れることに…。

この映画の記事:進化した“体感型”POVホラー『コンジアム』チョン・ボムシク監督インタビュー 「“怖さ”は作り手と観客の駆け引きなんです」
公開劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国
リンク:映画公式サイト

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき