ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ポーズ自在!ディズニーの「ポペット」で凝った撮影に挑戦


タカラトミーアーツから3月28日(木)、「ディズニーキャラクター ポペット」が登場する。これは、「ぬい撮り」や「コマ撮り」で様々なポーズを作って動きのあるシーンを演出できるぬいぐるみ「ポペット」の第1弾。

現在SNSを中心に人気を集めている「ぬい撮り」とは、日常の一コマにぬいぐるみを入れて写真を撮る撮影方法で、これに特化したタカラトミーアーツのデフォルメぬいぐるみシリーズ「ちょっこりさん」は、2017年4月の発売以来、累計販売数100万個を突破する大ヒットシリーズとなっているのだとか。


これを受け、新たに発売されるシリーズが「ポペット」。「ポペット」とは“ポケットサイズのパペット”の意味で、できるだけキャラクターの見た目に近い“リアルさ”にこだわり、それでいて自由にポーズが取れるぬいぐるみを目指して開発された。


本体には、針金をラバーでコーティングしたオリジナルフレームが内蔵されているので、立たせたり座らせたり腕を曲げたりと、様々なポーズが楽しめる。


さらに、この特長を生かして、「ぬい撮り」はもちろんのこと、対象を1コマずつ違うポーズで撮影して動画のように繋げて見せる「コマ撮り」も比較的簡単に楽しむことができ、SNS動画アプリなどでも活用できる。



今回発売されるのは、大人気ディズニーキャラクターから「ミッキーマウス」「ミニーマウス」のほか、「ドナルドダック」「デイジーダック」「チップ」「デール」「くまのプーさん」「ピグレット」「マイク」「サリー」の10種類。



価格は各1680円(税抜)。いいね!を増やしたい人は、さっそくトライしてみては?

©Disney ©Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard ©Disney/Pixar

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき