ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「風味・食感・触感」の 3 拍子で味わう本格的レアチーズケーキを実食!販売元はチーズ専業ブランドとして国内トップシェアのあの会社だった!

 

「濃厚なチーズケーキが食べたい!」そんなチーズケーキ好きの為に開発された、超濃厚レアチーズケーキが登場!チーズでお馴染みQ・B・B ブランドの六甲バター株式会社が、新ブランド『ex’fromage KOBE(エクスフロマージュ コウベ)』を立ち上げた。今回はその第一弾として発売された” 濃密レアチーズケーキ ”に注目。

 

チーズ専業ブランドとしては国内トップシェアを持つ六甲バター株式会社(兵庫県神戸市)は、Q・B・B ブランドをはじめとする数百種の様々な製品をつくるチーズ専業メーカー。そんなチーズ専業メーカーが、 Q・B・B のプレミアムギフトブランドとして『ex’fromage KOBE(エクスフロマージュ コウベ)』を企画。その第一弾として2018 年 12 月に発売されたのが『エクスフロマージュ神戸 濃密レアチーズケーキ(4 個入・税別1200 円/ 2個入 ・税別700 円)』である。「神戸セレクション 2019」にも認定された濃密レアチーズケーキとはどんな味なのか、実際に試食してみた。

 

「風味・食感・触感」の 3 拍子で味わう本格的レアチーズケーキ

まずはパッケージから。カラーモチーフは神戸ブルー、クリームチーズホワイト、Q・B・B レッドの 3 色を使用した、高級感のあるカラーとデザイン。

カラーとデザインは、神戸から様々な場所へこのブランドとともに船出していく・・・という想いを込めて、神戸港から出航する豪華客船をイメージしているという。

種類は4 個入・税別1200 円(画像上)と、 2 個入 ・税別700 円(画像下)。1個の容量は67gと食べやすいサイズである。

まずはふたを開けた時の香りにびっくり!レアチーズケーキ・・・というより、香りは本格的なチーズそのもの。チーズ好きであれば、この時点で「美味しいに違いない」と確信するほど、濃いチーズの香りが楽しめた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy