ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写版『アラジン』の新しい予告編が解禁 ウィル・スミス扮するジーニーの評価が急上昇!?

ガジェット通信でもお伝えしたように、実写版『アラジン』の最新予告編が公開されました。

「フレンド・ライク・ミー」「ホール・ニュー・ワールド」が流れる実写版『アラジン』新映像にワクワクが止まらないッ!
https://getnews.jp/archives/2132659[リンク]


https://twitter.com/disneyaladdin/status/1105452390990274560
公式『Twitter』上に投稿された映像がこちら。

Aladdin – Official Trailer (YouTube)
https://youtu.be/JcMtWwiyzpU

ウィル・スミスが自身の『YouTube』で公開したバージョンもあります。

View this post on Instagram Will Smithさん(@willsmith)がシェアした投稿 – 2019年 2月月10日午後5時54分PST

https://www.instagram.com/p/BtuUnAoh8ER/
実写版『アラジン』と言えば、先月公開された予告編に登場した“ランプの魔人ジーニー”……ではなく、“青すぎるウィル・スミス”が話題となりました。どちらかと言えば、悪い意味で話題になったと言えるでしょう。

そんな“青すぎるウィル・スミス”に対してネガティブな見方をしていた人達の態度が、今回の予告編を見た後では少々変化したようです。


https://twitter.com/Dayewalker/status/1105461735966810112
「期待していたように、今回の予告編は前のより相当いいね。結構楽しみ。ジーニーでさえも相当良くなってる」


https://twitter.com/kryswhite_/status/1105462898690850816
「ジーニー役にウィル・スミスは完璧だわ」

どうやら“青すぎるウィル・スミス”という認識が、“ウィル・スミス扮するジーニー”に変わったようです。ウィル・スミスが演じているだけあって、予告編では一瞬ですがジーニーがラップを披露しています。

実写版『アラジン』同様、『アラジンと魔法のランプ』がベースとなっている『ハクション大魔王』の実写版が撮影されることがあれば、誰がハクション大魔王役をやるのかも気になってしまいます。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=JcMtWwiyzpU

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき