ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「フレンド・ライク・ミー」「ホール・ニュー・ワールド」が流れる実写版『アラジン』新映像にワクワクが止まらないッ!

全世界に大旋風を巻き起こし、映画史に残る珠玉の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだあの名作が、想像を超える空前のスケールで実写映画化! 『アラジン』が6月7日より公開となります。今回解禁となったUS版予告編には、ファンが待ち焦がれた名シーンや人気キャラクター達、そして誰もが知るあの名曲が登場! テンションぶち上がりまくりの内容となっています。

【動画】「フレンド・ライク・ミー」「ホール・ニュー・ワールド」が流れる『アラジン』新映像!
https://www.youtube.com/watch?v=9emlkNEnWDI

街中を軽快に駆け回るアラジンが出会ったのは、美しい王女ジャスミン。運 命的な出会いによって二人の“願い”が動きだし、やがて邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗ったアラジンは<魔法の洞窟>からランプを探してくる仕事を引き受ける……。よく知られたストーリーですが、今作ならではの映像表現が加わり、全く新しい「アラジン」を予感させています。

物語の展開を描く予告編中盤以降は見どころしかない、まさに至極の映像の連続。魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーが熱唱する、コミカルで愉快な「フレンド・ライク・ミー」のシーンはまさにワクワク! 筆者は個人的に「魔法のじゅうたん」がキャラとして大好きなので、踊るじゅうたんが可愛すぎて……!

生きるために盗みを働きながらもまっすぐな心を持ち、いつか人生を変えるチャンスを待つ貧しい青年のアラジンと、自立した心と強い好奇心を持ち、 自由に憧れる美しい王女ジャスミン。身分が違う二人の、運命的な恋が始まる……そんな予感の中、静かに流れてくるのがあの名曲「ホール・ニュー・ワールド」。アニメーション公開時にアカデミー賞最優秀歌唱曲 賞(’92)とゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞(93)を獲得した、 ディズニー・ラブソングの中でも随一と言える、映画史に残る名曲が、今作のために新たな装いとそのままのロマンチックさを併せもって登場しています。

王女であるがゆえに自由がなく「私はどこへでも行ける王女ではない」とつぶやくジャスミンを、自由な空の旅へ誘うアラジン。 魔法の絨毯に乗って世界中を旅し、初めて心を通わせる二人の姿は映画界に残る名シーン。この名曲に乗せて描かれる様々なシーンには、アラジンの相棒 猿のアブーはもちろん、ジャスミンの友だち であるトラのラジャー、ジャファーのしもべのオウムのイアーゴなど、それぞれ活躍が楽しみな人気キャラクター達の姿も見えます。

運命的な出会いを果たすアラジンとジャスミン、魔法のランプから解き放たれた魔人ジーニー、そしてときめきと新しい世界 への憧れを詰め込んだ名曲「ホール・ニュー・ワールド」、エンターテイメント満載の名曲「フレンド・ライク・ミー」……映画の公開が待ちきれない!

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy