ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 童貞トリオよボーイスカウト・スキルで生き残れ! 猫ゾンビも可愛い『ゾンビーワールドへようこそ』[ホラー通信]
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • お疲れ女子必見! 台湾の空と風が心を癒すサイクリング・ロードムービー『南風』
  • 【独占記事】コリン・ファース、エミリー・ブラントの映画『メリー・ポピンズ』の続編に出演へ
  • 【生放送予告】特殊能力無しでも最強!『アントマン』『キングスマン』新ヒーロー2大特集
  • 映画『The Batman(原題)』、マット・リーヴス監督との交渉が決裂
  • シャイア・ラブーフ主演の映画『American Honey(原題)』、9月に劇場公開へ
  • 【スカイプで呪い中継】すべてがSNS上で展開するホラー『アンフレンデッド』 トラウマ級の予告編[ホラー通信]
  • “はらわたフリーク”がニコ生で徹底討論! 『死霊のはらわた』リメイク版は是か非か? 清水崇監督らが登場
  • 【独占動画】『ニコラ』モデル・青井乃乃が本気バトル! マイティ・ソーならぬ“母娘バトルロイヤル”
  • 凄まじい緊張感と青春のパッション! 「スイートプールサイド」番外編“剃毛シーン”の一部を公開
  • 河本準一「おまえに食わせるタンメンはねぇ!」 実はこんなセリフは劇中になかった!?
  • YouTubeから火がつきクラウドファンディングで長編化! 驚異のFPS映画『ハードコア』監督インタビュー
  • 『ルイスと不思議の時計』佐藤二朗インタビュー「“変”が“魅力”になることもあると子供達に知ってほしい」
  • 『トランスフォーマー/最後の騎士王』新ヒロイン・ローラを直撃! 監督に水をぶっかけられながら挑んだアクション
  • 映像コンテンツ配信サービス利用への期待高まる 7割がレンタル利用も「返却が不便」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【Interview】定額制の花束定期便サービス「Bloomee LIFE」が取り組むサブスクリプションビジネス成長に欠かせないファン作りとは

普段、お花を購入する機会と言えば、お祝いごとなど特別な日を思い浮かべるだろう。今回紹介する「Bloomee LIFE」は、定期的に自宅へお花が届き、色彩りある暮らしを送れるサービスだ。立ち上げた背景とSNSの活用によるサービスの成長について株式会社Crunch Style代表の武井氏に話を伺った。

もっと手軽にお花のあるライフスタイルを届けたい

Q1.BloomeeLIFEについて簡単に教えて下さい。

Bloomee LIFEは、日本初の「ポストに届くお花の定期便」として、2016年に誕生しました。専用パッケージに入ったお花がポストに毎週届き、日常生活のなかに手軽にお花を取り入れていただけるサービスになっています。提携する60店舗以上の生花店からお届けしていますが、毎回どの生花店から届くかはお楽しみで、季節や生花店ごとによってもお花の種類は変わります。ライフスタイルに合わせて選べるプランは、ポストへ届ける「体験プラン」(500円・送料別)と「レギュラープラン」(800円・送料別)、ボリュームのある花束を手渡しで受け取ることができる「プレミアムプラン」(1200円・送料別)の3種類があります。

Q2.BloomeeLIFEを立ち上げたきっかけを教えて下さい。

お花はどうしても枯れてしまうので定期的に変える必要がありますが、毎回買いに行くのは面倒だと感じてしまいがちです。仕事帰りだと生花店が閉まっている、育児や家事で買いに行く時間がないなど、色々な課題がでてきます。そこで、少しでも手軽にお花に親しめる機会を作れないかと思い、「お花のある暮らしをもっと身近にしたい」というコンセプトをもとに、毎週定期的にポストにお花が届く定額制サービスを立ち上げました。

Q3.BloomeeLIFEの商流は生花店やフローリストにとってどのようなメリット、デメリットがありますか?

生花店の特徴として、母の日やお盆などの繁忙期と閑散期の仕事量の差が激しいということがあります。Bloomee LIFEではそのような影響は受けにくく、一年を通して安定した売上を作ることができることがメリットです。また、業界の課題にもなってくるのですが、一般的に生花店の廃棄率は30%といわれております。店頭でお客様に充した品揃えを提供するために、どうしても多めに仕入れる必要があるという背景があり、このような水準になっています。また、Bloomee LIFEは、ユーザーの人数に応じて事前に必要な個数を生花店にお伝えしていて、ロスの発生しない仕入れが可能となっています。

お花を飾ることもSNS発信をすることも「習慣化」する

Q4.SNSを効果的に使ってこれまでサービスを成長させてきたと思いますが、どのような工夫をされていましたか。

いた」という形で定期的に発信がしやすく実際の投稿を見てみると、料理が映えるようお花を食卓に飾ったり、ペットとお花という組み合わせで写真を投稿していたりと暮らしの一部になっています。自分のライフスタイルに溶け込んだ形で自然にSNSで発信がしやすいため、口コミで広がったのだと思います。また、お花を自分で選ぶのではなくランダムで届くという点でも、「今週はこんなお花が届いた」と定期的に発信がしやすく、SNSで拡散しやすいと感じています。Bloomee LIFEにとってSNSの活用は、サービス価値を最大化できる手段だと考えています。また、サービスの成長には『ファン作り』が欠かせません。そのため、オンライン上だけでなく生のユーザーの声に向き合う必要があります。弊社では、よりユーザーの本音を得るための取り組みとして、毎月異なるユーザーのお宅へ訪問し、直接お話しを伺う『ホームビジット』を実施しております。実際にそこで得た気付きから施策に繋がることも多く、お届けの箱をより丈夫に、開けやすくしたことでユーザー満足度向上に大きく貢献した成功事例もあります。一見地道ですが、我々だけでは気づけない、とても大切な視点を得られるのがメリットです。

Q5.最後に今後の展望について教えて下さい。

今は色々な生花店から様々なテイストのお花をお届けしていて、そのお花がどれぐらい自分の好みのお花であったか、というのを毎回評価できるようになっています。今後は、このようなデータをどんどん活用して、より一人一人の好みに合わせたパーソナライズにも力を入れていきます。また、Bloomee LIFEのユーザー同士の情報交換やコミュニケーションもより活発にしていければと思い、お花のある暮らしを楽しむコミュニティを作っていきたいと考えています。

今後もBloomee LIFEの取り組みが生花店の課題解決となり、花のある暮らしを届け業界を盛り上げるサービスになることを期待したい。
Bloomee LIFE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき