ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラー博で平成最後の奇跡! 福岡“八ちゃんラーメン”の超濃厚豚骨ラーメンが関東上陸!

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。新横浜ラーメン博物館(以下ラー博)に平成最後の新店が3月6日オープンした。お店の名前が発表になった時、ラーメンファンは目を丸くした。福岡の博多から程近い薬院にある“八ちゃんラーメン”が初めて支店を出し、さらに関東上陸を果たすというのだ。

1968年創業の老舗で、創業から50年間、本店だけでの営業を続けてきた大人気店。夜21時~深夜2時半という営業時間から、飲んだ後のシメの一杯として楽しんでいる人も多いはずだ。地元のみならず県外からも多くのお客さんが訪れるほどの人気。

そんな“八ちゃんラーメン”がラー博に新店オープン。なんと25年間口説き続けたのだとか。これはもはや奇跡と言っていいのではないか。福岡で出しているそのままの味を横浜で再現し、超濃厚な豚骨ラーメンを提供してくれている。

いわゆる全国的に知られた博多豚骨ラーメンと違い、豚の旨味とコクがこれでもかと出ている一杯だ。

専用の羽釜で大量の豚骨をガンガン炊き、髄や骨が溶けるまで徹底的に煮出した贅沢スープは、なかなか他では味わえないインパクト。上品に仕上げるのではなく、豚の旨味を絞り出した感じのスープで、悶絶の旨さだ。

麺は柔らかめで、チャーシューの上にはコショーがかかっていてこれがアクセントになっている。

スープが旨すぎてたまらず替玉だ。強いスープは替玉をしてもしっかり麺に絡んでくる。1玉目と茹で加減を変えてみるとまた新たな食感が楽しめて面白い。

そして、博多名物の一口餃子もある。小さいが味はしっかりしていて旨い。ラーメンに替玉をしてもまだ食べられるボリュームなのも嬉しい。

まさに博多にいるかのような気分にしてくれる。至福の時だ。

改めてラー博にありがとうと言いたい! ぜひ博多で愛される豚骨ラーメンを味わってほしい。

八ちゃんラーメン
横浜市港北区新横浜2-14-21

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。