ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

はあちゅうさんが「私が思うセクハラをする人たちの共通点」をツイート 「自己紹介ですか?」のツッコミも

3月4日、「ツイッターでしつこくアンチ行為をしてくる人の身元が割れた」とツイートし、個人を特定できるような情報もツイート(しばらく後に削除)して物議を醸したブロガー・はあちゅうさん。

参考記事:はあちゅうさん「ツイッターでしつこくアンチ行為をしてくる人の身元が割れた」 個人を特定できる情報をツイートし物議
https://getnews.jp/archives/2129240[リンク]

はあちゅうさんの言うところの「アンチ行為」の内容が判然としないことから、ツイートの是非について議論が続いているようである。

そんな中、3月5日には

女性を紹介することを強いられるとか、人前で容姿や仕事をけなされるとか…私の話かと思った。

セクハラをする人たちってみんな、驚くほど似ている。

と、

久保田弘信氏について
https://note.mu/chobikun/n/ndc611cee3081[リンク]

という『note』にリンクを貼りツイートを行う。そして

私が思うセクハラをする人たちの共通点

1:話の中に自分の自慢話が多い
2:褒めないと不機嫌になる
3:同性からの評価はいい
(男性への顔と女性への顔がぜんぜん違う)
4:世渡りがうまく、仕事上でそれなりの実績もあり、「仕事が出来る人」と思われていることも多い

4:こちらの自尊心を傷つけるようなことを繰り返し言う
5:人前で容姿や態度をけなしてくる
6:大体いつも高圧的だけれど、たまに思い出したように優しくなる
7:SNSのフォロワー数、いいね数、人の評価に執着する

(あ、4が2回あった…)

とツイートを行った。これに対し、

「セクハラをしてきた人がまさにこれだった」

といった声が寄せられる一方で

「自己紹介ですか?」

という声も。西城秀樹さんの「ブーメラン・ストリート」の画像を貼る人もいたようである。

また、ブロガーの山本一郎さんは

全部はあちゅう本人のことじゃねえか

とツイート。6日15時の時点で3000以上の「いいね!」を集めるなどして反響を呼んでいたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき