ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

カップヌードルちょい足し選手権の優勝は“焼きおにぎり”に決定! 味もボリューム感も完璧な最強コンボ

チキンラーメンに卵を入れて食べるように、『カップヌードル』にも何かをちょい足しして食べるという方は多いのでは。『カップヌードル』のシンプルな味はさまざまな変化を加えるのに最適。食べるラー油を入れたり、チーズを入れたり、胡椒をたっぷり振りかけたりと、どんなアレンジをしてもたいていは美味しくまとまるのです。

『カップヌードル』には焼きおにぎりをちょい足しすると激ウマ!

僕自身も『カップヌードル』にはこれまでいろいろな食材や調味料をちょい足ししてきましたが、その中でも「やっぱりこれが王道にして最強だな」という食材は焼きおにぎりということで結論しました。

シンプルでありながら味がしっかり美味しくなり、ボリューム感も増して満足度が高くなるという、非の打ち所のないコラボレーションとなるのです。もちろん焼きおにぎりは冷凍食品のものでも、コンビニで売っているものでもOK。

『カップヌードル』を通常通り作り、麺の上から豪快に焼きおにぎりを投入し、焼きおにぎりの香ばしさを染み渡らせながら食べるのもよし。麺を食べ終えたあとに投入して“おじや風”にして食べるのもよし。お好みのタイミングで焼きおにぎりをちょい足ししましょう。

「麺類とご飯を同時に混ぜて食べるのってどうなの?」って思う人もいるかもしれませんが、“そばめし”だって麺とご飯を一緒に混ぜ合わせて作りますし、不思議と違和感はないものなのです。むしろ『カップヌードル』の麺は柔らかく、ご飯はしっかり弾力があるため、食感もいい具合にマッチ。

それでもやっぱり麺とご飯は別で食べたいという人は、麺を食べ終えたあとのスープに焼きおにぎりを投入するのがおすすめ。

ご飯をラーメンのスープに浸して食べるのはとても美味しいですが、焼きおにぎりを入れるとスープに浸ってもご飯が焼かれた食感が残り、これが非常にいいアクセントとなるのです。

レギュラーサイズの『カップヌードル』はおやつにも食べられるように、1個では満腹にならない量で作られているのですが、焼きおにぎりを1個投入すれば当然ボリューム感もアップ。足りなければ2個、3個と追加したっていいわけです。

焼きおにぎり1個を追加するだけでお腹も心も満たされる。シンプルでありながら完璧。自宅で、職場で、コンビニで。ぜひぜひお試しください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき