ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ナノハザード最終回の反響が凄まじくて編集部内がざわついてるそうです」 原作者の栗原正尚先生がツイート

2月26日、『少年ジャンプ+』連載の「ナノハザード」が衝撃の最終回を迎えたということで話題となっている。
原作は、テレビドラマ化された「怨み屋本舗」などの作品で知られる栗原正尚先生で、作画はかざあな先生。
その疾走感あふれすぎの最終回は、ネット上でも衝撃を受けた方が多かったらしく、見事『Twitter』のトレンド入りすることとなった。
栗原先生は

なにげにナノハザードがトレンド入りしている。
この最終回は間違っていなかったなという気分になってきたので、
読者の皆様には感謝します。
ありがとうございます

とツイート。そして、

「ナノハザード奥が深すぎる」
「ナノハザード神話になったから…」
「ナノハザード最終話、ページめくるたびに『えっ?』という声が出る」
「ナノハザードはなんなんだ 現代人には早すぎる」
「ナノハザード良い最終回だった。すべての人類を置いてきぼりにした」

といったような感想をリツートしていた。また、

ナノハザード最終回の反響が凄まじくて編集部内がざわついてるそうです。
こういうの第3話くらいでやっておけばよかったなぁー。
おれのばかばかばかばか

単行本がバカ売れしたら
「ナノハザード REVERSE(リバース)」とかあるかもしれませんよ。
構想はあるのですがね・・・。

ともツイートしているので、興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

[1話]ナノハザード – 栗原正尚/かざあな | 少年ジャンプ+
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156633628855[リンク]

※画像は『いらすとや』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき