体積比約7割減! エレコムが超薄型の無線LAN中継器を2月中旬発売へ

access_time create folderデジタル・IT

エレコムは2月5日、無線LAN中継器『WTC-1167US』シリーズを2月中旬に発売することを発表しました。従来製品と比べて体積を72%小型化し、厚さが約10mmと超薄型なのが特徴です。

USBで給電するため、USB充電器のほか、5V/1A以上の出力ができるモバイルバッテリーからも給電が可能。USBコネクターは前後180度に回転するので、家庭用コンセントやテーブルタップに干渉しないように設置ができます。

Wi-FiルーターのWPSボタンを押してから本体のWPSボタンを押すだけと、設定が簡単なのも特徴。本体はLEDランプを搭載。専用アプリを使わなくても受信状態を確認することができます。

ノイズに強く、5GHz帯・2.4GHz帯で独立した超高感度の内蔵アンテナ(2×2)を搭載。IEEE802.11 ac/n/a/g/b規格に準拠し、5GHz帯では最大867Mbps、2.4GHz帯で最大300Mbpsの高速通信に対応します。

このほか通信機能では、より快適に接続できる帯域を自動で選択する“バンドステアリング機能”、『iPhone XS/XR』など対応端末に集中して電波を送信する“ビームフォーミングZ”、対応端末で最大2台の同時通信と同時処理ができるMU-MIMOに対応。

自宅の無線LANルーターと接続して利用するほか、WiMAXルーターと接続して室内での接続状態を改善したり、コンパクトで持ち運びしやすいことから、帰省時に実家のWi-Fiルーターにつなぐ、展示会場で使用するなどの利用法を提案しています。価格は7690円(税別)です。

『WTC-1167US』シリーズ主な仕様
対応OS:Windows 10S/10/8.1/7(SP1以降)、macOS 10.14/10.13/10.12、Mac OS X 10.11/10.10/10.9/10.8、Android 4.4以降、iOS 10.0以降
セットアップツール対応OS:ブラウザーベースのためOS依存なし
無線規格:IEEE802.11ac/IEEE802.11n/IEEE802.11a/IEEE802.11b/IEEE802.11g準拠
無線伝送方式:IEEE802.11ac/MIMO-OFDM、IEEE802.11n/MIMO-OFDM、IEEE802.11g/OFDM、IEEE802.11b/DS-SS、IEEE802.11a/OFDM
無線伝送速度(理論値):IEEE802.11ac/最大867Mbps、IEEE802.11n/最大300Mbps、IEEE802.11g/最大54Mbps、IEEE802.11b/最大11Mbps、IEEE802.11a/最大54Mbps
周波数帯域:2.4GHz帯(2,400~2,484MHz)、5.2GHz帯[W52](5,150~5,250MHz)、5.3GHz帯[W53](5,250~5,350MHz)、5.6GHz帯[W56](5,470~5,725MHz)
チャンネル:2.4GHz帯1~13ch、
5GHz帯(W52/W53/W56) : 36/40/44/48/52/56/60/64/100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
無線セキュリティ:WPA2-PSK(AES)/WPA-PSK(TKIP)/WEP(64bit/128bit)
その他無線機能:MACアドレスフィルター
設定方式:WPS対応
アクセス方式:インフラストラクチャー
アンテナ(本数):内蔵アンテナ 2本(2.4GHz/5GHz 共用)
対応プロトコル:TCP/IP(IPv4)
入力電圧:DC5V±5%
消費電力(最大):5W
電源コネクター:USB2.0 TypeA
外形寸法:約幅35.6×奥行10.1×高さ115.6mm(USBコネクタ収納時)
質量:約40g

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧