ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

現役フリーランスからみたVのお金の話!便利情報のまとめつき(indiVTubers)

現役フリーランスからみたVのお金の話!便利情報のまとめつき

今回は『indiVTubers』よりしらたま。さんの記事からご寄稿いただきました。

現役フリーランスからみたVのお金の話!便利情報のまとめつき(indiVTubers)

しらたま。ちゃんねる

金の話しをしようか。

こんばんは。新人紹介の記事を優先しようかどうか迷ったのですが、要望があったのでお金の話をすることにしました。

V界隈のお金の話とかあんまり表に出ないので、「企業からデビューしたけど待遇が悪い」なんて話も聞くようになってまいりましたので……

ざっくりと情報まとめてみます。また、フリーランスが利用している便利サイトの情報なんかもセットで提供していきますので、「独立したい」まで考えている人は参考にしてくださいな。

目次
1.動画の広告収入だけで生きていくのは難しい
2.スーパーチャットで得られる収入は額面の7割、アップルだと更に減る
3.企業勢って儲かってるの?
4.YouTube以外の収益源を確保することが重要に
5.サービス販売のちょっとした前例
6.独立を視野に入れる人のためのお役立ちサイト情報まとめ
 6.1.フリーランス協会
 6.2.Freelance basics
 6.3.国民年金基金
 6.4.追記

動画の広告収入だけで生きていくのは難しい

はーい。あんまり表に出ない動画収入の話ですが、まずは理由から。

かつてYouTubeの動画再生の広告単価は1再生0.1円など高い水準でした。しかし、実際には広告を見ない人や飛ばす人が多いだけでなく、「小学生など購買に結びつかない層」がみていることがわかったため、広告単価を見直すようになりました。

広告単価の見直しは都度行われているだけでなく、実際にどの程度広告を見られたか、最後まで見られた回数や、リンクのクリック、クリック後の実際の購入などのデータとリンクしてます。

成果が出るほど広告単価は上がる仕組みで、飛ばされた回数などが多ければ単価が下がっていくわけですね。また、各種契約の関係で動画のクリック単価を明かせない人も多いので、なかなか情報が出回らない&そもそも見直しが入るから正確性にも欠けてしまうということに……

私が現在把握している範囲だと、広告単価は1再生あたり0.01円程度になるようです。

単純計算だと1000万再生で10万円くらい貰えます! ヤッタネ!

……はい。実際は視聴者層の購買に結びつくような情報を発信するなど工夫をすれば広告単価も上がる可能性があるのですが、基本動画で食っていくのは無理ゲーに近いです。

広告収入よりもメンバーシップ登録で1人月490円投げてもらった方が収益源としては強かったり。だって、手数料差し引きで広告収入計算すると3万5000再生分くらいはありますからね!

数字が生々しいのは仕方がないです。それがリアルですもの。

指摘があったため追記:0.01円固定というわけではなく、実績や広告の挿入方法などによって変動するため、もっと高い金額をもらっている人もいます。

スーパーチャットで得られる収入は額面の7割、アップルだと更に減る

はい。では、動画収入と一緒に収益源の柱となるスーパーチャットの話ですが……

額面の3割はYouTubeの手数料で持っていかれます。まぁ、海外企業ですし、あんまり額面が高すぎると法律が云々とか色々でてくるのですが……

これでも投げ銭の割合としてはかなり良いです。

更に加えるとAppleのスマホやタブレットでスーパーチャットを投げると「 iTunes」というAppleのシステムに手数料を取られ、更にYouTube(親会社はgoogle)に投げられることになるので最初の額面の2割くらいは減った状態でスーパーチャットが送られます

日本のiPhonのシェアは市場の4割くらいなので、実際に届く金額は7割を割り込むと考えた方がいいですね。

シェア率なんかをチェックしたい方はこちら
「iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2018年11月】」2018年10月29日『bitWave』
https://bitwave.showcase-tv.com/iphone%E5%BC%B7%E3%81%99%E3%81%8E%EF%BD%9C%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%91%E3%82%B4%E3%82%B9%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%82%B7/

企業勢って儲かってるの?

こういう数字を見て「企業勢ってやってけるの?」と思った方は正解。大体赤字です。現状で言えば収益を上げて十分に会社を回せるだけの利益をだしている企業はほとんどないわけです。

むしろ市場を開拓してシェアを広げるための投資の段階であり、収益を上げられないリスクを背負ってやっているところの方が多いのです。親分ことキズナアイちゃんは赤字の状態のまま年単位で走っていたわけで……

本当に頭が下がります。

市場の勢いを見て参入した企業などもありますが、そもそもVtuberという「タレント」の運営スキルが低かったり、市場の状況を見誤ったりですでに撤退しているケースも存在します。

現在進行形で「サポート不足だなぁ」と思ってしまう企業も珍しくないので、「オーディションに受かったら企業がブラックだった」なんて話も透けて見えたり……

半年とか年単位で赤字状態を覚悟して人材育成を行いつつ市場の成熟を待つか、本当に才能のある人のみを選抜して強力にバックアップするかとかしないと黒字は難しい状態だと思ってください。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき