ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ムードライトにBGMも! Kohler、テックが凝縮されたトイレ・バスルーム発表

トイレのテクノロジーといえば、暖かい便座に、蓋の自動開閉、そして自動で水が流れるといったところだろう。

しかし、米国の老舗Kohlerが提案するのは、ムードライトや好みの音楽で快適空間を演出する“インテリジェント・トイレ&バスルーム”だ。

・音声でBGMオン!

米国では一般に、トイレとバスタブ、洗面が同じ個室にある場合が多い。Kohlerが提案するのもそうした一体型のバスルームで、快適に過ごせるようにデザインされている。

一番の目玉は、音声操作に対応していることだろう。音楽を流したり、照明の明るさや色を好みに設定したりといったことが話しかけるだけでできるのだ。

・バスタブから音声操作

また、バスタブにお湯をためるのも音声で行える。お湯の温度や湯量などはあらかじめ好みを設定しておくことができる。

なので、たとえば帰宅してすぐに音声でバスタブに湯をはり、そして湯船に浸かりながら音声で照明を暗くして、お気に入りの音楽を流したりしてリラックスする、という活用方法ができる。

トイレは温水洗浄便座付きで、便座は自分の好みの温度に設定可能。トイレそのものにも音声で調整できるライトが付いていることをのぞけば、トイレ先進国の日本からするとトイレに関してはほぼスタンダードな機能となっている。

トイレもバスルームも毎日使うプライベート空間だからこそ、快適なものにする、というのは真っ当な発想といえそうだ。

Kohler press release

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy