ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初のスクリーン巻き取りテレビ! LG、「OLED TV R」今年発売

スクリーンを巻き取り収納できるテレビ「The LG SIGNATURE OLED TV R」を韓国LGが発表した。この手のものとしては世界初となる。

テレビを観る時はフルにスクリーンを出し、時計など必要なものだけを表示したいときはスクリーンを部分的に活用し、そして使用しないときには完全に収納できるという斬新さだ。

・邪魔にならない!

折り曲げ可能なOLEDで実現したこの65インチテレビ、スクリーンはベースのボックスの中に巻かれた状態で収納される。つまり、テレビを観ない時、真っ黒なスクリーンを視界から消すことができるのだ。

普通、テレビというのは部屋の壁側に追いやられることが多い。使用しない時にスクリーンが邪魔になるのがその理由の一つだが、OLED TV Rなら部屋の中央に置いても良さそうだ。

・インテリアとして一役

また、OLED TV Rではスクリーンを部分的に出して、そこにコンテンツ表示できるモードが用意されているのも特徴的だ。時刻や天気予報などを表示して実用的に使ってもいいし、写真や絵画を映し出してインテリア的に使ってもいい。

加えて、このテレビにはDolby atmosオーディオシステムが搭載されていて、スクリーンを完全に収納してもスピーカーとして使うことが可能だ。

「いつもそこにあるもの」から「必要な時だけ現れるもの」へとテレビの概念を大きく変えるOLED TV R、気になる値段はまだ発表されていない。ただし、2019年のラインナップに加わるとのことで、一般家庭のリビングに登場する日はそう遠くなさそうだ。

LG

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy