35周年だけじゃない! 酷暑にスカイ報道にインスタ映え問題……2018年舞浜界隈個人的<10大重大ニュース>

access_time create folder生活・趣味

東京ディズニーリゾートがある舞浜。2018年もいろいろなことがありました、あり過ぎましたよね! 史上空前のパーク大規模開発を控え、良くも悪くも時代の転換期となっているだけに、さまざまなニュースが飛び交った舞浜。その2018年のニュースをランキングします! が、あくまでも個人的な主観であり、興味薄なものは圏外ゆえ世間のソレとは違うかもしれませんが、なんたらキャン流行語大賞よりいい線いってるはず。それでは参りましょう、年末恒例!2018年舞浜界隈個人的<10大重大ニュース>!

第10位! 風間俊介、一強時代が到来!


東京ディズニーリゾートを盛り上げるインフルエンサーとして、これまで数々のタレント・芸能人が大役をまっとうしていったが、まさしく真打ち登場といった感が風間さん登場の2018年でした。もともとDファンであることは周知の事実でしたが、「マツコの知らない世界」に颯爽と現れ、「勝手に嫌いになっているのは、そっちの落ち度だぞ」という名言まで。以降、舞浜とはナニカト縁が深い日本テレビ「ZIP!」月曜メインパーソナリティーに就任。「ディズニー・ハロウィーン」ロケ、「ディズニー・クリスマス」ではイヴに2時間生放送を実現と、不動の地位を確立。ディズニーに対する厚い愛情だけでなく知識・造詣もズバ抜けて深く、真のディズニーマニアとして、海外ディズニー紹介への期待も高まっていますね!

第9位! TDR35周年勃発、セレモニーも雨で感動的だった!


言わずと知れたことですが、今年、東京ディズニーリゾートは開園35周年を迎え、スペシャルイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」を開催、現在も実施中です。一年を通じて祝祭感いっぱいの施策が放たれ、2019年初めにはグランドフィナーレも迎えようとしていますが、そのイベントの開幕を祝うオープニングセレモニーが2018年4月15日(日)、東京ディズニーランドにて開催に。実は当日、春の嵐が直撃する荒れた天候で、本来のシンデレラ城前の開催ではなく、雨天用の場所ワールドバザールで開催されましたが、これが35年前のTDLオープン日も雨で、同じ場所でセレモニーを行ったという歴史が! この運命のいたずら的な、歴史が交差する瞬間みたいな出来事は、大いに感動的でしたね!

第8位! 空前のインスタブーム!でもそこで見たキラキラ景色はどこにもなかった


2018年の舞浜は、インスタグラムが空前のブームとなり、東京ディズニーリゾート公式が推奨するスポットを飛び越えて、主に若者たちが自分たち自身でスポットを見つけ、構図を探し当て、同じ身につけグッズを買い、競って投下した一年でもありましたね! 今年ほど良くも悪くもインスタで盛り上がった一年もなく、謎の組体操問題、購入前のグッズに顔つける問題、全身仮装のルール逸脱問題、トゥーンタウン木箱問題などなど、舞浜ワイドショーでは連日のように投下ネタで盛り上がりました! ただ、そこで見たキラキラの景色は加工でキレイになっている場合が多く、実際にパークに行ったところで同じ場所などないというオチも含め、SNSに沸いた一年でした。このインスタ映えブーム、どこまで続くか見ものです!

第7位! 「D23 Expo Japan 2018」開催!アラン・メンケン登場


2018年は公式ファンクラブ「D23」によってディズニーファン向けに行うイベントの日本版、「D23 Expo Japan 2018」が開催に! 2018年2月10日(土)~12日(月)の三日間でしたが、会場の東京ディズニーリゾートでは、多くの来場ゲストで盛り上がりました! その内容は前年に本国アメリカで実施したものをベースとしたものでしたが、それでも『プーと大人になった僕』の初出し映像や、東京ディズニーリゾート35周年テーマソングのタイトルが「Brand New Day」であることなど、いくつかのサプライズもあり、その意味でのご当地性はあったとは思います。そして、ディズニー作品を語る上で神的存在の偉大なる作曲家、アラン・メンケンが日本版エキスポにも登場! 「あの曲」を披露するなど超鳥肌モノでした!

第6位! 満を持して公式アプリが出るも<集約型>だった 


ようやく、ようやく東京ディズニーリゾートの公式アプリが登場したのも、2018年でした。アプリで全部のニーズを解決というよりは、これまで点在していたサイトの入口を作ったような<集約型>で、これぞ舞浜ゲートウェイ! ホテルドリームゲート舞浜じゃないよ。2018年の後半にはパークの外にいながらにしてアトラクションの待ち時間などがわかるなど、野良アプリの一掃に乗り出しているかのような公式ですが、まずは一歩前進に拍手&今後に期待。ただ、アプリ以前に、それ以前に、WiFiなどのインフラ整備やチケット購入・レストラン予約サイトなどに非常につながりにくいなどの課題が依然としてあり、これも2020年くらいのインバウンドにバレる前にナントカしたほうがいいとは思いますが、どうでしょ?

<次点休憩>ディズニースカイ珍報道

後半戦に行く前の次点情報として、2018年は<ディズニースカイ誕生>という、大手新聞社による謎の報道もありましたね! 根拠がない同報道を多くの人々が信じてしまい、前述のTDRセレモニー開催時に株式会社オリエンタルランド執行役員の宮内良一さんが、わざわざ囲みで報道陣の取材に回答するという、非常にお手を煩わすような出来事も起きました。また、夏には同社の上西京一郎社長が拡張計画について各新聞社のインタビューに答えるも、その記事が各社バラエティーに富み、なかには入園料引き上げを検討しているなどという「この雨、いつかは止む!」と同じような意味レベルの報道までありました。ソースは同じ一個のはずなのに、まるでトンネルを抜けたら黒塗りの車がたくさん出てくる『アナライズ・ミー』のワンシーンみたいで「おもしろかったー!」(堺雅人)。以上。

第5位! 夏が暑かった!夏をあきらめて~七夕の記憶がない


2018年の夏はとにかく暑く、マスコミも災害レベルの猛暑ということで、おいそれと「夏のパークを楽しもう!」などと言いにくいような夏でした。筆者も夏のパーク取材は猛暑で気分が悪くなったほどで、細かい記憶があいまいです。印象深い出来事は西日本豪雨の影響を考慮して、東京ディズニーリゾートでは水を大量に使うショーのプレスプレビューを取り止め、公式の各種SNSでも夏イベの開幕について一切触れなかったことです。その姿勢は、高い評価に値しますよね。ちなみに、夏イベの前の七夕の印象が薄く、記憶があいまいなのですが、今年は約10メートルのモニュメント「セレブレーションタワー」がワールドバザールに登場したので、七夕感がなかったかもですね。ドナルド生誕祭は素晴らしかったですね!

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧