VRアバター新時代の幕開け VR向け3Dアバターファイルフォーマットの国際標準化を目指す“VRMコンソーシアム”が2019年2月に発足へ

access_time create folderデジタル・IT

2018年12月20日、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンにて、VR向け・3Dアバターファイルフォーマット“VRM”に関する13社合同記者発表会が行われました。

発表会では、ファイルフォーマットの“VRM”の国際標準化を目指す一般社団法人“VRMコンソーシアム”の発足が発表され、発起人となる13社の代表者が集いました。

発起人となった13社は、IVR、エクシヴィ、S-court、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ミラティブ、Wright Flyer Live Entertainment、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、ピクシブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの13社。

今回は、2019年2月の発足に向けての準備会という形式でVRMコンソーシアムの紹介や発起人13社それぞれの登壇者による発表が行われました。

VRMコンソーシアム発足

まずは、バーチャルキャスト取締役COOの石井洋平氏より、今回の13社合同によるVRM共同事業体についての説明が行われました。

石井氏は、現在3Dアバターの業界には2つの大きな流れがあると説明。

1点目は、3Dアバターを使えるサービスの増加です。サービスは増えたものの、従来のフォーマットでは、アプリケーションやプラットフォームごとに仕様が異なり、自由にアバター使う環境が整っていませんでした。そこで、3Dアバターを使うための標準フォーマットを定めようという流れが生まれました。

2点目は、バーチャルYouTuberの登場です。流行語にも選ばれるほどのブームとなった2018年、7月末までの半年ほどの間に4500体を超えるバーチャルYouTuberが登場しています。

このバーチャルYouTuberが登場したことにより、「3Dアバターの人格問題」が発生しました。これまでの3Dモデルはただのデータとして扱っていましたが、その3DモデルがYouTuberとして演じられることにより人格が発生、ユニークな個体であるという認識が生まれました。特定の個人が限定的に利用するアバターから、クリエーターが自由に使って良い用途で配布するアバターまで、様々な権利の概念が登場したことにより、3Dアバターの権利をファイルフォーマットで扱わなければならないという課題が発生しました。それらの権利情報を3Dアバターに内包できるのがVRMフォーマットです。

このVRMフォーマットのさらなる策定、普及を目的とした団体として“VRMコンソーシアム”を設立するに至りました。

世界標準を目指すフォーマットVRM

続いて、VRMの技術概要についてバーチャルキャストの岩城進之介氏より技術的な説明がありました。

VRMの技術仕様は、3Dの事実上の標準フォーマットであるglTF2.0をベースに、アバターを取り扱うために制約と拡張を加えたものであると岩城氏。

VRMの特徴としては、一人称視点の設定、テクスチャやマテリアルを含めて1ファイルで取り扱い可能な点、作者やタイトル、演者や権利情報などの新しい概念もファイル内に定義できるようにした点が挙げられます。

また、glTFの仕様策定団体であるクロノスグループとも協力関係になっており、今後はVRMコンソーシアムと密接に連携して標準化を進めていく、と語りました。

VRMコンソーシアム賛同企業13社

1 2 3次のページ
access_time create folderデジタル・IT

srbn

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧