ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[キャベツの千切りの仕方]お店の仕上がりになる、超簡単なコツ

[キャベツの千切りの仕方]お店の仕上がりになる、超簡単なコツ

キャベツの千切りは、食卓への登場頻度が高いわりに、うまく切ることができない、食感がいまいちなど、イメージ通りに仕上がらないという方も多いのでは。実は、切る際と切った後に「あるポイント」を押さえれば、簡単にプロの仕上がりになるのです。

キャベツの千切りをシャキシャキに仕上げる、切り方のコツ

お店のように仕上げるコツは、葉の扱い方と包丁の入れ方。そのポイントをご紹介します。

キャベツの千切り

キャベツの外側の葉を数枚はがします。
キャベツの外側の葉を数枚はがす

1の芯の部分を三角形に切り取ります。
はがした葉の芯を切り取る

2の葉を重ねて、端からくるくると巻いていきます。
葉を重ねて端からくるくると巻く

【ポイント】葉脈と直角になるように切っていきます。
葉脈と直角になるように切っていく

【ポイント】切ったキャベツが浸るくらいの冷水に1分ほどさらします。
切ったキャベツを冷水に1分ほどさらす

完成

最後に

キャベツの千切りをシャキシャキにするコツは、葉脈と直角に包丁を入れることと、最後に冷水にさらすこと。水にさらすことで、よりシャキシャキ感が増しますが、長くひたし過ぎると水溶性のビタミンCなどの栄養が流れてしまうので、短時間ですませましょう。

キャベツの部位別調理法はこちら

キャベツの芯の調理法はこちら

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2018.12.26

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy