ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[道の駅レポート]驚きの産直価格と、子どもの野菜嫌い克服にも

[道の駅レポート]驚きの産直価格と、子どもの野菜嫌い克服にも

新鮮な旬の野菜がお値打ちに購入できるだけでなく、子どもの野菜嫌い克服にも適しているなど、農園での野菜収穫体験にはさまざまなメリットがあります。年末年始、春休み、GW、夏休みなどを利用して、家族や友人と一緒に野菜の収穫体験をしてみませんか?

旬の野菜を収穫し、新鮮なおいしさを体感

広大な農園をもつ埼玉県の道の駅「アグリパークゆめすぎと」にお伺いし、体験窓口となる担当の田中潤さんにお話をお伺いしながら、実際に野菜の収穫を体験してみました。

① 想像以上!旬野菜の驚きのおいしさ

あまりのおいしさに、翌日にリピート来園されたお客さまもいるほど

農園での収穫体験のメリットは、何と言っても旬の野菜を、食べごろのベストなタイミングで収穫できること。「例えば夏であれば、なすやピーマン、枝豆など、畑やビニールハウスになっているものを5~6種類ほど収穫いただけます。その雑味のない味わいに感動して、収穫体験の翌朝に、すぐリピートで来園されたお客さまもいらっしゃったほどです(笑)」と田中さん。
試しに、取材時に収穫体験をさせてもらった野菜のひとつ、ピーマンをシンプルに塩だけでソテーして夕食に出してみたところ、普段ならピーマン嫌いでなかなか口にしない子どもが、「苦みがおいしい!」となくなるまでおかわりをしたため、驚きました。

収穫体験できるシーズン別の野菜(ゆめすぎと2017年実績)

春: タマネギ、じゃがいもなど
夏: なす、ピーマン、枝豆、トマトなど
冬: 大根、キャベツ、ブロッコリー、葉物野菜など   

② 自ら収穫した野菜には、愛着が湧く!

収穫体験時は、見分け方・収穫の仕方を丁寧に教えてくれる

収穫体験の際には、食べごろのものの見分け方だけでなく、野菜ごとの収穫のコツも教えてくれます。そのため、収穫体験が初めての場合でも、自分自身で選び、楽しく収穫することができます。「なすを収穫する際には、ふっくらしてツヤのあるものを選び、実を優しく持って、ヘタの5mmほど上を切ります(上の写真)」。ちなみに、ヘタの下の色が段階的に変わっている部分は、それぞれの色の幅が1日で生長したサイズなのだそう。
また、農園での収穫体験がそのまま食育の場としても機能しており、収穫体験のリピーターの方の声や、農林水産省の調査(※)によると「生産者に感謝し、自然の恩恵を感じるようになった」「残さず食べるようになった」「苦手な野菜も食べられるようになった」など、体験前よりも野菜に興味を持ち、好きになるケースが多いのだとか。

農林水産省 平成29年度食育活動及び国産農林水産物・食品に関する意識・意向調査

③ 農産物直売所でも、さまざまな旬野菜と出合える!

埼玉県のオリジナル品種の里芋「丸系八つ頭」は11~12月が旬

収穫体験の時間が取れなかったり、当日混んでいたりした場合には、農産物直売所でも、さまざまな旬の野菜と出合うことができます。「埼玉県オリジナル品種の、“丸系八つ頭”という里芋があります。11~12月が旬で、タイミングが合えば出合えるかもしれません」。
農産物直売所では、販売スタッフが気さくに対応してくれるため、野菜ごとのおすすめの調理法や、地元での人気の食べ方を聞いて、購入してみるのも面白いでしょう。

産直で購入できるシーズン別の人気野菜(ゆめすぎと2017年実績)

春: たけのこ、ふき、菜の花
夏: きゅうり、なす、トマト
秋: 里芋、さつまいも、栗
冬: 山東菜、白菜、ほうれん草、大根   

④ お値打ちに買えて、地産地消にも貢献できる

営業時間前から行列ができる農産物直売所の様子

ゆめすぎとの農産物直売所では、例えば取材当日はB5サイズほどのビニール袋にパンパンに入ったオクラが100円だったり、立派なネギが5本で100円だったりと、営業時間前からお客さんが並ぶほどの人気でした。道の駅では、お値打ちなものもあれば、値段以上の質のものもあり、その場で選ぶ楽しさや、帰宅後には味わいへの感動があります。
また、形や色などが規格外のものも扱っているため、こうした野菜を買ったり、食べたりすることは「地産地消(地域で採れた農林水産物を、その地域内で消費しようという取り組み)」として、そのまま地元の生産者への支援にもつながっています。

最後に

道の駅や販売所をはじめ、地元産野菜などを購入することのできる拠点は全国に2万3,000カ所以上あります。なかには「ゆめすぎと」のように、収穫体験ができる施設もあり、子どもが野菜に興味をもつきっかけにもなります。道の駅などを、野菜を選ぶ際の選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

取材協力:まちの駅・道の駅 アグリパークゆめすぎと

まちの駅・道の駅 アグリパークゆめすぎとの入場ゲート

埼玉県杉戸町にある、家族で1日中楽しむことのできる道の駅。10.2haの広大な敷地の中に、杉戸の季節の野菜や花を販売する直売所や農園、地元食材を使った食堂の他、遊具、バーベキュー広場などがあり、自然と触れ合える公園を目指している。

[なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

[なす]あく抜きや切り方から、焼きなすまで料理の基本

深みのある鮮やかな皮の色が「茄子紺」と呼ばれるように、日本では昔から親しまれ、地域ごとにさまざまな品種が発達しました。
どんな調味料ともマッチするのは、味にクセがないことと、果肉に細かい空気の隙間があるスポンジ状のため。油や調味料、だしをよく含み、おいしくなります。

最終更新:2018.12.26

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ 1~3・5~6枚目)、まちの駅・道の駅 アグリパークゆめすぎと(4枚目)
監修:カゴメ
参考文献:『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
農林水産省 平成29年度食育活動及び国産農林水産物・食品に関する意識・意向調査(農業体験後の気持ち・行動の変化)
農林水産省 地産地消・国産農林水産物の消費拡大(地産地消とは)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy