ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアンズを削除して「クレイジー・リッチ!」の邦題にした”偉業” ~映画の舞台、シンガポールでの徴兵~(今日もシンガポールまみれ)

アジアンズを削除して「クレイジー・リッチ!」の邦題にした

今回はうにうにさんのブログ『今日もシンガポールまみれ』からご寄稿いただきました。

アジアンズを削除して「クレイジー・リッチ!」の邦題にした”偉業” ~映画の舞台、シンガポールでの徴兵~(今日もシンガポールまみれ)

「あなたはアジア人ですか?

シンガポールウォッチャーのうにうにです。
質問です。
「あなたはアジア人ですか?」
こう聞かれて「はい、私はアジア人です」「はい、日本はアジアにありますから」と即答できる日本人は、どれだけいるでしょうか。「自分がアジア人?うーん、それはそうなんだけど、なんかちょっと違うよな」とちゅうちょする人はいると思います。

ハリウッド発の恋愛コメディ映画「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(原題: Crazy Rich Asians)が、米国で8月15日に封切られました。
日本語に訳すと「クソ金持ちのアジア人達」。第一週に引き続き、第二週でも全米売上1位でした。日本での配給はワーナー・ブラザーズです。日本公開は9月28日ですが、私が住んでいるシンガポールでは8月22日から公開されており、みてきました。公開2週目の週末ということもあり、客入りは9割ほどと盛況。舞台となったシンガポールの知っている風景も多く映され、客席も盛り上がっていました。

ドタバタ恋愛コメディです。主人公は、シンガポール出身のクソ金持ちな中華系アジア人男性と、中華系アメリカ人知識階級女性。アメリカ在住中には彼氏が超富裕層の一家と知らなかったのが、友人の結婚式参加のためにシンガポールに来て、そうだったことを知ります。母親・祖母からのいじめと、シンガポール人女友達から嫌がらせを受けます。金持ちのきらびやかなお戯れを、我々庶民が見る構図ですね。富裕層や特権階級を題材にしたストーリーは、古来より世界中であり、その一つです。


「映画『クレイジー・リッチ!』予告【HD】2018年9月28日(金)公開」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=h8ZVcRFXZhU

舞台の大半はシンガポールで、これは原作者のケヴィン・クワン氏が”元”シンガポール人 (元シンガポール国籍) である自身の経験からきています。

Crazy Rich Asiansの邦題は「クレイジー・リッチ!」

“Crazy Rich Asians” は、邦題が「クレイジー・リッチ!」として9月28日に日本で公開されます。なお、日本語に翻訳された原作の小説は、そのままカタカナで「クレイジー・リッチ・アジアンズ」が単行本のタイトル*1 です。

*1:「クレイジー・リッチ・アジアンズ 上」2018年8月23日『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/dp/4801915825

ほぼアジア人キャストのハリウッド映画が全米夏季興行で3週連続TOPとは、今までの常識では考えられないこと。
その中華系パワーの凄さを前面に押し出せばいいのに、原題「Crazy Rich Asians」を改悪&ポスター美白化で「アジア」臭を消そうとする宣伝戦略には疑問しか残らない。#クレイジーリッチ

(いつものように) 日本版ポスターやフォントが驚きのダサさになったとか、「クレイジー・リッチ」だと英語として気持ち悪いとか言われていますが、私の注目は原題にあった「アジアンズ」が、邦題では削除されたことです。
意図的な削除と私は邪推しています。日本では「アジア人が主役の映画」というより、「ハリウッド発の恋愛コメディ映画」で推した方が、売上が伸びる、という判断があったのでは、ということです。

「クレイジー・リッチ!」『ワーナー ブラザース ジャパン』
https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=54615

 
ホワイトウォッシュに抵抗した映画がはまったアジア人と中華系

映画は、映画の内容そのものだけでなく、映画を作るにあたってどんな背景や苦労があったのか、という周辺情報も含めた”ストーリー”が興行上でも重要になっています。本映画でのその一つが、”ホワイトウォッシュ”への抵抗です。
*2:「’Crazy Rich Asians’ Author Kevin Kwan: “Why Does Hollywood Think We’d Want to See This Movie With White People?”」2015年1月26日『The Hollywood Reporter』
https://www.hollywoodreporter.com/bookmark/crazy-rich-asians-author-kevin-804381

原作者であり本作のエグゼクティブ・プロデュ-サーでもあるクワンには、映画化へのオファーが絶えなかった中で“絶対に譲れないポイント”あった。「ある有名プロデューサーが連絡をしてきて『この映画を作ろう。でも、主役のヒロインを白人の女性にする必要があると感じているんだ』と言ってきた。完全に肝心な部分を理解していなかったんだ!「サンキュー・ベリーマッチ。グッバイ」という感じさ。でもその後で、できるだけ本に忠実に作りたいと思っているチームを見つけたんだ!

「全米で2週連続1位獲得!『クレイジー・リッチ!』 原作者コメント独占解禁」2018.08.31『シネマズ PLUS』
https://cinema.ne.jp/news/crazyrich2018083107/

「俳優を白人に置き換えることに原作者は同意せず、ハリウッドのマイノリティであるアジア系で作った異色の映画。それが売れた」、というのが重要な周辺情報になっています。原題にあった「アジアンズ」を抜くのは、ホワイトウォッシュに抵抗した原作者の意志に反しているのでは、という疑問が生まれます。

 
他民族が演じることの是非

ストーリーにおいて、ヒロインはアメリカ人(国籍)ですが、それ以外の登場人物は中華系です。その女性主人公も、国籍と育ちはアメリカですが、親は中国出身の中華系との設定です。
配役において、俳優はアジア系であったとしても、中華系を演じている役者には中華系でない人がいます。異なる民族へのキャスティングは、「SAYURI」(原題: Memoirs of a Geisha)において、日本人の芸者の役を中国人チャン・ツィイー氏が演じた時のように、日本でも世界でもこれまでに何度も議論になっています。なお、本映画では、日系イギリス人のソノヤ・ミズノ氏が、中華系の役を演じています。
また、多民族国家のシンガポールであるにもかかわらず、”シングリッシュ”(シンガポールアクセントの英語)を話さない、また他の主要民族のマレー系やインド系が登場しないことへの批判も、SNSでおきていることが報じられています。

・star2: ‘Crazy Rich Asians’ criticised for being too Chinese, not Singlish enough
https://www.star2.com/entertainment/2018/05/04/crazy-rich-asians-trailer-controversies/

シンガポール最有力紙ストレーツ・タイムズは、キャスティングを痛烈に批判しています。「アジア人の血が入っていれば”十分にアジア人”とハリウッドが考えていることは明白だ。だから主人公とヒロインに中華系を血統に持つ白人が採用されたのだ」「売上のためだ。雑誌や、オーチャードや渋谷など大都市で映画の広告塔にのるのだ」また、白人や、肌の色が薄い人が、好意的に受け入れられる現象は世界的と指摘し、その例に日本のバービー人形などをあげています。

・Straits Times: Colourism mars Crazy Rich Asians main casting
https://www.straitstimes.com/lifestyle/entertainment/viewpoint-colourism-mars-crazy-rich-asians-main-casting

「アジアンズ」を邦題で抜いたのは、日本市場での判断であり、興行上の理由と私は推測します。人々の興味は自分との共通点から生まれます。初対面の相手に出身をたずねるのは、共通項と会話のいとぐちを探す一般的な行動です。「自分はアジア人だ」という意識を持つ日本人が多いとは考えにくい現状で、「アジア人の映画」をアピールして日本での興行成績が良くなるかは疑問です。 (にもかかわらず、「アジア人の映画」を「普遍的な恋愛と家族コメディ」と、米国で打ち出して受け入れられたので、価値があるのですが)

戦後の日本では、アジア唯一の先進国だった時代が一定期間ありました。アジアに位置しながらも、日本はアジアの中で別格で、「アジアというのは日本以外のアジア各国を指す」「アジア人というのは日本人以外のアジア人を指す」という意識が日本人に生まれた時代です。時代は変わりました。日本は変換期にあり、現状を受け入れる必要があります。世界銀行(2017年)では、一人あたり国内総生産(GDP)(名目)は、日本(3万8千ドル)であり、シンガポール(5万7千ドル)、香港(4万6千ドル)と引き離されています。国全体でも、中国のGDP12兆ドルに対して、日本は5兆ドルしかなく、倍以上の大差をつけられています。

邦題にしても、ポスターにしても、日本の配給側が責められがちですが、「これが日本で最大の売上をあげる方法」という判断の結果であることを忘れてはいけません。どんなに識者の評価が高くとも、客がついてこなければマスへのビジネスとして成り立ちません。つまり、「アジアンズ」を抜いた「クレイジー・リッチ!」が、2018年の日本人のアジアへの空気を表現した、優れた邦題だということです。
日本人がアジア人意識をもつのは、日本がアジアの地域共同体の中で生きていく、アジアの普通の国になった時かもしれません。

 
他国での映画タイトル

「クレイジー・リッチ・アジアンズ」がタイトルになっているのは、シンガポール、香港、台湾、ベトナム、マレーシア、韓国、スペイン、ノルウェーなど、大半の国です。ただし、香港*3 ではアジアンズの意味がない「我的超豪男友」の現地タイトルに、クレイジー・リッチ・アジアンズの英語が両記されています。
例外として、ドイツ*4 は日本と同じ「クレイジー・リッチ」。
イタリア*5 は「クレイジー&リッチ」です。
ヨーロッパにあるドイツ・イタリアと並んで、日本が「アジアンズを抜いた方が売上が良い」と考えられた市場というのは、興味深いです。

*3:「我的超豪男友」『百老匯院線: 香港戲院及電影院』
https://www.cinema.com.hk/tc/movie/details/10672

*4:「crazy4filmさんのツイート」『Twitter』
https://twitter.com/crazy4film/status/1032281578691543041

*5:「Multisala SISTOさんのツイート」『Twitter』
https://twitter.com/sistomultisala/status/1034429526468710400

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。