ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョブズも影響を受けた“禅的思考”とは?

ジョブズも影響を受けた“禅的思考”とは?

 アップルの創業者スティーブ・ジョブズは、仕事だけではなく、生き方、物の見方においても「日本の禅の考え方」に強い影響を受けていたという。そんなジョブズも影響を受けた「禅」の考え方とはいったいどういうものなのか? どのように自分の生活に活かしていけるのだろうか?

 『頭が冴える禅的思考』(枡野俊明/著、ソフトバンククリエイティブ/刊)では、働き盛りの人たちが、日々抱えやすい問題に答えるというQ&A形式で、禅的思考のエッセンスを紹介していく。

 「自分の価値が見出せません」という悩みにも、禅的思考で答えるとどうなるのか。
 仏教の世界では、命というのは仏様からの預かりものとされている。仏様があなたに命を与える。その命を大切に生き切って、やがては仏様にお返しをする。それが生きることだと考えられている。自分とは一体何者なのか? 自分の存在意義は何なのか? 誰もが考えたことのある疑問だろう。自分に価値が見出せないという人は、「仏様からお借りしている命」と思ってみることで、もっと自分の身体を大事にするはずだ。
 また、「マンネリの毎日に嫌気がさしています」という悩みにも、禅的思考で答える。「お陰さま」という言葉がある。この「お陰」というのはご先祖様のように、これまで出会ったこともない人々のことをさす。会ったこともないたくさんのご先祖様が、目に見えない陰のような形で自分を守ってくれているというのだ。
 こうして生きて毎日仕事をしていられるのも、すべてご先祖様のお陰という思いをもつことが大事だという。

 本書から読む禅的思考は、頑張って悩みを解決するというよりは、心を落ち着かせる要素が強い。忙しい仕事、同じことが繰り返される日々の日常・・・疲れることも多い世の中だ。行き詰ったときは、禅的思考を試してみるのもいいのかも知れない。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
必ず目標を達成する人の3つの思考
「あいつよりましだ」は思考停止のはじまり
効率的に仕事をするためのデスク収納の考え方

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。