ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モデル、学生、銭湯絵師。「三足のわらじ」で奮闘する勝海麻衣が目指すもの

モデル、学生、銭湯絵師。「三足のわらじ」で奮闘する勝海麻衣が目指すもの

近年、銭湯ブームが起きているといわれているが、銭湯は数十年前から減少の一途をたどっている。それにともない銭湯の壁に絵を描く職人“銭湯絵師”の数も激減。現在では3人しか存在しない。

そんな状況の中、4人目の銭湯絵師を目指して修行に励む若き美女がいる。勝海麻衣、24歳。東京藝術大学大学院で学ぶ学生であり、現役のファッションモデルでもある。才色兼備を地でいく勝海さんはなぜ厳しい道を選んだのか。また、銭湯絵師の第一人者である師匠の丸山清人さんは勝海さんをどう見ているのか。お二人に話を聞いた。

プロフィール

勝海 麻衣(かつみ・まい)

1994年、東京都出身。医師の家庭に育ち、幼稚園から高校まで東京の名門・ 四谷隻葉に通う。小学2年生の時に見た銭湯絵で銭湯絵師を志す。高校卒業後、武蔵野美術大学に入学。在学中に空間演出デザインの勉強と平行してモデル活動開始。2018年には卒業後は東京藝術大学大学院へ(現在1年生)。2017年9月、銭湯絵師の第一人者・丸山清人氏に弟子入り。銭湯絵の技術を身につけるべく修行中。

丸山 清人(まるやま・きよと)

1935年、東京都出身。日本に現存する3人の銭湯絵師の中で最高齢。繊細な画風が特色。18歳の時に叔父に弟子入りし、背景画を学ぶ。25歳で独立。銭湯の背景画はもちろん、個人宅・店舗・病院・老人ホーム、個展開催、CMや映画、空港・区役所やホテル等の様々なイベント、大学の講演会、小学校の銭湯プロジェクトへの参加など、多岐にわたって活動中。今までに描いた作品数は1万枚を超える。

小学2年生の時に見た“銭湯絵”に感動

──勝海さんが“銭湯絵師”を志した最初のきっかけは?

勝海麻衣さん(以下、勝海) 小学校2年生の時に家族で伊豆に旅行に出掛けたことがあったのですが、その帰りに銭湯に立ち寄ったんですね。その時に広い壁いっぱいに描かれた富士山の絵を見て、こんな大きくてダイナミックで自由な絵があるのかとすごく感動したんです。また、見ず知らずの、たまたまその銭湯に居合わせたさまざまな世代、年齢の人たちと一緒に湯船に浸かって、同じ絵を見て癒やされる。そんな空間って日本にしかない特殊な文化で、それを作り出している銭湯絵にすごく魅力を感じたんです。それで、絵は小さい頃から好きでよく描いていたのですが、私も大きくなったら銭湯絵を描いてみたいと思った。それが最初のきっかけです。

──中学、高校時代も銭湯絵師になりたいと思っていたのですか?

勝海 はい。最初、銭湯絵は画家が描いてると思っていたのですが、中学生の時にテレビで銭湯絵師を見て、初めて職人さんが描いているということを知り、銭湯絵師という職業があるんだ! と驚きました。これが将来の職業として銭湯絵師を意識した最初の体験だったと思います。それまでは画家になりたいと思っていました。そのテレビに出ていたのが、現在の師匠である丸山清人さんで、その姿を見て憧れていました。インターネットで検索して丸山さんのホームページを発見して、しょっちゅう作品を拝見して素晴らしいと思っていました。

──高校卒業後の進路選択の時期はどんなことを考えていたのですか?

勝海 高校卒業後、丸山さんに弟子にしてくださいとお願いに行こうとも考えたのですが、当時の私はまともに絵を描いたことがないド素人。そんな何も知らない私が日本最高齢の銭湯絵師で銭湯絵界の第一人者である丸山さんにいきなり弟子にしてくださいというのはあまりにも図々しいし、職人さんに対して失礼です。なので、まずは大きな絵を描くための基礎を学ぶべきだと思って、美術大学へ進学することにしたんです。それで高校1年生の頃から美大受験のための予備校に入って、絵の勉強を始めました。

──大学時代はどんな勉強をしたのですか?

勝海 武蔵野美術大学の空間演出デザイン学科に入学して、大きな絵を描くための技術が学べるセノグラフィのコースを選択。舞台の背景画を描くことを通じてペンキの扱い方やはしごに登って巨大な絵を描くことを体験しました。高所恐怖症だったので、最初のうちは高いはしごの上で描くのが恐かったのですが、やっていくうちに克服しました(笑)。

銭湯絵の第一人者に弟子入り

──丸山さんに弟子入りした経緯は? 丸山さんの他にも銭湯絵師は2人いるそうですが、なぜ丸山さんを選んだのですか?

勝海 丸山さんとお会いする前は、銭湯絵師の技術を身につけたい一心でしたので、大学で絵の基礎を勉強し、丸山さんを含めた銭湯絵師の方のどなたかの下につかせていただければと思っていました。そんな時に、知人から紹介していただいたある歴史研究家の方に銭湯絵師になりたいことを話すと、「勝海さんには丸山さんが合うんじゃないか」と言ってくださって。それで去年の9月に丸山さんの個展に、これまで描いた作品を持ってうかがって、「丸山さんの描く様子をおそばで見させてください」とお願いしたんです。

──「弟子入りさせてください」とは言わなかったんですね。なぜですか?

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。