ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』プロデューサー イライジャ・ウッド特別動画 「この映画を誇りに思う」

ニコラス・ケイジ主演のリベンジスリラー『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』が11/10より公開。プロデューサーのイライジャ・ウッドよりコメント動画が到着しました。

俳優として人気を博したイライジャですが、昨今ではジャンル映画・ホラー映画のプロデューサーとしても活躍しています。元々ジャンル映画ファンだったイライジャは、2010年に映画製作会社のSpectreVisionを立ち上げ、『ゾンビスクール!』『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』『ブラック・ハッカー』などの映画を世に送り出してきました。

そんなSpectreVisionの最新作がパノス・コスマトス監督の『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』。コスマトス監督が2010年に手掛けた長編デビュー作『ビヨンド・ザ・ブラック・レインボー』(日本未公開)に惚れ込んだイライジャが、「ぜひ次回作を一緒に」と持ちかけたことから本作が実現したそう。

キャスティングにも尽力したイライジャは、『ダーティ・コップ』で共演したニコラス・ケイジに脚本を読むよう猛アプローチ。当初は主人公が立ち向かう教祖役をオファーしたそうですが、ニコラス本人の希望と、監督が夢に見たお告げ(?)によって主人公を演じることになったといいます。そのあたりは監督のインタビューをご参照あれ。

コメント動画では、「コスマトス監督の作品は個性的で、変幻自在な悪夢のよう」とその独創性を表現。また「日本で公開できて嬉しいよ」とニッコリ顔も見せてくれました。

しかしいくつになってもおそろしく肌ツヤが良いなぁ……。

作品概要

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』
11月10日(土)より新宿シネマカリテ他にてロードショー

【ストーリー】
愛する人を奪った狂った悪魔を狩る!

過去のある男レッドは、愛する女性マンディと人里離れた場所で静かに暮していた。しかし、マンディに固執する狂気の集団によ
って、彼女は炎につつまれレッドの目の前で惨殺される。怒り狂ったレッドは、オリジナルの武器を携え復讐に向かう。しかし、彼の前には、
得体のしれない姿をしたバイク軍団が立ちはだかった――。

監督:パノス・コスマトス
音楽:ヨハン・ヨハンソン『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』
出演:ニコラス・ケイジ『ゴーストライダー』、アンドレア・ライズブロー『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、ライナス・ローチ『フライト・ゲーム』
2017/ベルギー/カラー/英語/121分 原題MANDY 映倫:R15
配給:ファインフィルムズ
HP:www.finefilms.co.jp/mandy

(C) 2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy