ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人工知能がクラフトビールをオススメするぞ! 『AI』×『ビール』レコメンドサービス登場 使ってみた

「人工知能・AIが登場するらしい……よ……!?」

まるでSFのような世界になったもんだなー、と思いつつも、なかなかピンとこない筆者なのですがみなさんはいかがですか?

そんな人工知能『AI』と身近なアイテム『ビール』を掛け合わせたサービスがキリン株式会社より登場。キリンシティプラス池袋WACCA、キリンシティプラス横浜ベイクォーターの2店舗で、11月8日(木)から12月16日(日)までの約1カ月間、テスト展開が始まります。

「AIは未知の世界ですがビールならばわかりそう!」ということでさっそく体験してきました。

AIを活用したクラフトビールナビゲーションサービス『ビアナビ』がキリンシティ2店舗でテスト展開開始

『ビアナビ』は、キリン株式会社の酒類技術研究所が蓄積してきたビールの嗜好データ・知見を用いて、国立研究開発法人 産業技術総合研究所に設置された人工知能技術コンソーシアムのAIリビングラボと共同で開発したサービス。

自分のライフスタイルや食の嗜好性など、10問程度の簡単な質問に答えることで、キリン株式会社が保有する嗜好データから回答者が好むクラフトビールの傾向を予測し、おすすめのクラフトビールをナビゲーションしてくれる、というもの。テスト展開では、店舗にきたお客さんがiPad miniを使って質問に回答。

4種類のクラフトビールの中から、その方の嗜好に合ったクラフトビールを提案。

さっそく使ってみます。まず、名前と性別を入力。

「ビールの飲用頻度は?」

「パクチーはお好きですか?」

とAIガールからお尋ね。質問はビールに関係なかったりもするそうです。奥が深い……! いくつかの質問を順にこたえていくと……

「Eriniさんには『JAZZBERRY』をお勧めいたします」とAIガール。

飲んでみると、確かにコレ好きなビール!

占いを当てられたような不思議な感覚ですが、おすすめされたビールは美味しい。さすがAI。

『ビアナビ』は『キリンシティプラス池袋WACCA』と『キリンシティプラス横浜ベイクォーター』で11月8日から12月16日まで体験できるようなので興味のある方は試してみてはいかが。


【動画】『AI』×『ビール』レコメンドサービス登場 使ってみた
https://youtu.be/y3W26Xc0XPQ

サービス概要

1.サービス名:「ビアナビ」
2.テスト展開期間:2018年11月8日(木)~12月16日(日)
3.展開店舗:
キリンシティプラス池袋WACCA
キリンシティプラス横浜ベイクォーター

erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。