ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KIRINJIのショート・ムービー公開、監督「若い世代へ新しいキリンジを届けたい」

KIRINJIのショート・ムービー公開、監督「若い世代へ新しいキリンジを届けたい」

 KIRINJIにインスピレーションを受けて制作されたショート・ムービー『melancholy mellow』が公開された。

ショート・ムービー

 ショート・ムービでは、メジャーデビュー20周年を記念して発売された2枚のコンピレーション・アルバムのタイトルになっている「Melancholy Mellow(甘い憂鬱)」と、楽曲の世界観を表現。全国単館系映画館でロングランを続けている映画『少女邂逅』の監督であり写真家の枝優花が、オリジナル脚本を執筆、ジャケット写真に起用されたふたりの少女(古川琴音・(大人役:巽よしこ)と安藤ニコ)が主人公となっている。

◎枝優花 コメント
「若い世代へ新しいキリンジを届けたい」というキリンジさん側からの想いを作品に落とし込みました。積み上げてきたものへの尊重・これからの未来への飛躍の共存は、大変難しく緊張のあるテーマでした。しかし、その先にあるものは誰しも持ち得る普遍なのではないかと思います。平成が終わろうとしている今、是非多くの方々に観ていただきたいです。
枝優花(映画監督・写真家)

◎映像
KIRINJI 20th Anniv.ショートムービー『melancholy mellow』
https://youtu.be/mB1qFUcoTZ0
前篇:https://youtu.be/u1i2niRcHf4
後篇:https://youtu.be/v-cUI7cNmKI
監督・脚本・編集:枝優花
キャスト:トキ 古川琴音、みっちゃん 安藤ニコ、トキ(大人) 巽よしこ
音楽:キリンジ(前篇「P.D.M.」「エイリアンズ」「Drifter」/後篇「いつも可愛い」「鼻紙」「セレーネのセレナーデ」)

◎リリース情報
『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』
2018/11/03 RELEASE
<完全生産限定(LP(180g重量盤))>
WPJL-10107 / 3,704円(tax out)

『Melancholy Mellow I -甘い憂鬱-19982002』
2018/11/07 RELEASE
<CD>
WPCL-12956 / 2,500円(tax out)

『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』
2018/11/03 RELEASE
<完全生産限定(LP(180g重量盤))>
COJA-9346 / 3,704円(tax out)

『Melancholy Mellow II -甘い憂鬱-20032013』
2018/11/07 RELEASE
<CD>
COCP-40553 / 2,500円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

特別編成で挑んだKIRINJIと3ピースで登場したサニーデイ、夏の終わりのSlow LIVE初日をレポート
KIRINJI、「ビルボードカフェ&ダイニング」初開催となったトーク&サイン会の模様をレポート メンバーそれぞれのおすすめCDや書籍、子供の頃の夢は?
KIRINJI、20周年AL『愛をあるだけ、すべて』詳細発表、6/24にはトークライブ&サイン会も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。