ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『X-MEN:ダーク・フェニックス』日本公開が2019年6月に決定! 日本版予告も公開

スピンオフを除くシリーズ6作品の全世界累計興収が28億ドルを超えるメガヒットシリーズ『X-MEN』。その最新作、映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開が2019年6月に決定しました。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』予告編(YouTube)
https://youtu.be/_7r-HD3kvSY

「時系列が複雑」と言われがちな同シリーズですが、最新作では1983年を舞台にした前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)から10年後が描かれる模様。予告映像ではスキンヘッドになった後のプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)や、X-MENと行動を共にするミスティーク(ジェニファー・ローレンス)の姿が確認できるので、『アポカリプス』の正統続編と考えてよさそうです。

『ダーク・フェニックス』は、アポカリプスとの戦いで壊滅的な⼀撃を与えたジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)を中心に展開。サイコキネシスとテレパシーの特殊能⼒を持つX-MENのメンバーであるジーンは、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまうことに……。全宇宙が破滅するほどの能力を持つジーンの暴走を食い止めるため、X-MENが彼女の“闇”と対峙します。

ジーン・グレイの暴走については『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)でも描かれているのですが、『X-MENフューチャー&パスト』(2014)で時間軸の分岐(歴史改変)が発生しているので繋がりは無視してOK。新鮮な気持ちで公開を楽しみに待ちましょう。

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。