ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『X-MEN:ダーク・フェニックス』日本公開が2019年6月に決定! 日本版予告も公開

スピンオフを除くシリーズ6作品の全世界累計興収が28億ドルを超えるメガヒットシリーズ『X-MEN』。その最新作、映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開が2019年6月に決定しました。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』予告編(YouTube)
https://youtu.be/_7r-HD3kvSY

「時系列が複雑」と言われがちな同シリーズですが、最新作では1983年を舞台にした前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)から10年後が描かれる模様。予告映像ではスキンヘッドになった後のプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)や、X-MENと行動を共にするミスティーク(ジェニファー・ローレンス)の姿が確認できるので、『アポカリプス』の正統続編と考えてよさそうです。

『ダーク・フェニックス』は、アポカリプスとの戦いで壊滅的な⼀撃を与えたジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)を中心に展開。サイコキネシスとテレパシーの特殊能⼒を持つX-MENのメンバーであるジーンは、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまうことに……。全宇宙が破滅するほどの能力を持つジーンの暴走を食い止めるため、X-MENが彼女の“闇”と対峙します。

ジーン・グレイの暴走については『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)でも描かれているのですが、『X-MENフューチャー&パスト』(2014)で時間軸の分岐(歴史改変)が発生しているので繋がりは無視してOK。新鮮な気持ちで公開を楽しみに待ちましょう。

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy