『X-MEN:ダーク・フェニックス』日本公開が2019年6月に決定! 日本版予告も公開

access_time create folder映画

スピンオフを除くシリーズ6作品の全世界累計興収が28億ドルを超えるメガヒットシリーズ『X-MEN』。その最新作、映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開が2019年6月に決定しました。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』予告編(YouTube)
https://youtu.be/_7r-HD3kvSY

「時系列が複雑」と言われがちな同シリーズですが、最新作では1983年を舞台にした前作『X-MEN:アポカリプス』(2016)から10年後が描かれる模様。予告映像ではスキンヘッドになった後のプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)や、X-MENと行動を共にするミスティーク(ジェニファー・ローレンス)の姿が確認できるので、『アポカリプス』の正統続編と考えてよさそうです。

『ダーク・フェニックス』は、アポカリプスとの戦いで壊滅的な⼀撃を与えたジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)を中心に展開。サイコキネシスとテレパシーの特殊能⼒を持つX-MENのメンバーであるジーンは、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまうことに……。全宇宙が破滅するほどの能力を持つジーンの暴走を食い止めるため、X-MENが彼女の“闇”と対峙します。

ジーン・グレイの暴走については『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)でも描かれているのですが、『X-MENフューチャー&パスト』(2014)で時間軸の分岐(歴史改変)が発生しているので繋がりは無視してOK。新鮮な気持ちで公開を楽しみに待ちましょう。

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

access_time create folder映画
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧