ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

単4電池より小さい充電式ライト「PISA」が便利そう

手元に少し明かりが欲しいときがあるだろう。真っ暗なところで鍵を差し込むとき、案内板を見たりするとき、さっと取り出せるライトがあったら−。

今回紹介する「PISA」はそうしたニーズに応えるものだ。単4電池より小さいのでキーホルダーにつけて持ち歩け、しかも充電式なので電池を買い替える手間もない。

・わずか8グラム

最近はスマホの懐中電灯を利用することが増えているかと思うが、スマホのバッテリーの減りを心配することになったり、そもそもスマホが見つからなかったりというシーンもある。

PISAはキーホルダーにつけられるサイズなので鍵と一緒に持ち歩いたり、バッグの内ポケットなどにしのばせたりすることができる。直径12ミリ、長さ39ミリの円柱形で単4電池より短く、一回り太いくらい。重さに至ってはわずか8グラムだ。

・マイクロUSBで充電

PISAは本体をねじって操作する。明るさは15ルーメンと、懐中電灯のように遠く広く照らすことはできないが、手元をさっと照らしたいときに重宝する。

また、PISAは小型であることに加え、充電式なのもセールスポイント。ボタン電池や乾電池を買い換える手間から解放され、使いたいのに電池がない!と煩わされることもない。

PISAはマイクロUSBを搭載していて、PCなどで簡単に充電でき、経済的だ。フル充電で5時間の使用が可能とのこと。

PISAはクラウドファンディグサイトMakuakeで今なら3130円(税込)で入手できる。カラーは青、ピンク、緑、紫、黒の5色が用意されている。12月25日まで支援を受け付け、来年1月末までに発送される見込みだ。

PISA/Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。